こんなデニムシャツはダサい!オタクっぽい?

ダサい服装

今日の、ダサい服装は、デニムシャツを、使った、服装。デニムシャツは、人気ではあるものの、今、着ると、ダサいデニムシャツもある!
そんな、ダサいデニムシャツを、使った、ダサい服装を、紹介。

早速、見てみよう!

こんなデニムシャツは着てはいけない!


今着ると、ダサい、デニムシャツは、色落ちのしてない、プレーンなデニムシャツ。

デニムシャツを、着るなら、色落ちの、加工が施された、デニムシャツを、選ぶべき。色は、薄めのほうが、イマっぽく、着こなせる。

デニムシャツにはヌケ感が必要…?

では、なぜ、プレーンな、デニムシャツは、ダサいのか。濃紺で、色落ちのしていない、デニムシャツなら、きれいめに、着こなせそうだけど…

プレーンな、デニムシャツは、かしこまりすぎている。まじめすぎるというか、おじさんくさいというか・・・。
なにが言いたいかというと、いわゆる、ヌケ感に、欠けるのだ。女性モデルが、よく言う、アレ(笑)

違う言い方をすれば、デニムシャツは、カジュアルに、着こなすのが旬!それなら、色落ちの、加工がされた、薄青デニムシャツが、当てはまる。

オタク学生の定番服だった!

プレーンなデニムシャツや、シャンブレーシャツなどは、5年前くらいの、大学生が、よく、着ていた服でもある。

“プレーンなデニム系のシャツ×ベージュチノ”っていう、組み合わせは、ちょっとおしゃれをしたい、オタク系学生の、定番服であった。

それもあってか、表情のない、プレーンデニムシャツは、ダサく見えてしまうのかもしれない。

最後に

シャンブレーシャツとか、ダンガリーシャツって、すごく、流行ってたけど、今となっては、ダサいシャツ。
今回、取り上げた、色落ちの加工がされていない、プレーンなデニムシャツは、それらに、見えてしまうため、今着ると、ダサいのだ。

スポンサードリンク