アウターの肩掛けはダサい?

○○ってダサい?

アウターの旬な着こなし方として、アウターの”肩掛け”がある。確かに、おしゃれに見えるけど、みんながみんなそう思っているのだろうか。
おしゃれしてる感が強く、逆にダサく見えてしまう可能性だってありそう。

今日は、アウターの肩掛けについて、考えてみる!

アウターの肩掛けはこんな感じ!


イラストだけど、とりあえずはこんな感じ。

袖には、腕を通さず、肩にトレンドのアウターを掛ける着こなし方!アウターは、GジャンやMA-1、ライダース、チェスターコートなど、季節によって様々。

トレンドの着こなしだから、見かけることもあるだろうし、挑戦しようと思ってる人も多いはず。
「普通に着れば?」って思う人もいるだろうけど、これがイマのトレンド!

何がダサい?

トレンドではあるけど、アウターの肩掛けは、ダサいと思う人が多い着こなしでもあると思う。Googleで検索すると、「アウター 肩掛け ダサい」という、ワードが出るくらいだから(笑)

ダサいと思われる理由を、いくつか考えてみた。

寒いんだか暑いんだかわからない(笑)

中途半端ということですね。寒いなら、普通に着ればいいわけだし、暑いなら他の服を着れば良い。
機能性を完全に無視した服や服装は、ダサいと思われることがある。

万人受けしない

“誰が見ても、おしゃれに見えるコーディネートではない”ということ。
トレンドに敏感なおしゃれさんには、おしゃれに見えるだろう。しかし、おしゃれに鈍感な人から見ると、「なにあれ・・・」みたい感じ。

普通にトレンドなアウターを着るほうが、多くの人におしゃれに見えるはず。

ハイファッション

ハイファッションは大袈裟かもしれないけど、一般人にはレベルが高いように思う。モデルさんだとサマになるけど、普通の人がしてるのを見ると、ダサく見える。

雑誌で「良い!」と思った服でも、街に出て、その辺の大学生なんかが着てるのを見ると、「微妙・・・」って思うことありませんか?

まとめ

トレンドではあるけど、なかなかレベルの高い着こなし。
挑戦する際は、注意が必要。迷ってる人は、普通に着るのがおすすめ!(笑)

一時期流行った、”カーディガンの肩掛け”いわゆる、プロデューサー巻きと、同じニオイさえ感じる。

スポンサードリンク