シャツの上からカーディガンを腰巻き!?

ダサい服装

今日の、ダサい服装は、間違った、腰巻きの服装!腰巻きのやり方も、違えば、腰巻きする服も、間違えている。腰巻きの、全てを間違ってしまった、服装。
間違った、腰巻きは、かなり、ダサく、バブル期っぽい、古臭ささえも、感じる。そんな、ダサい服装。

早速、見てみよう!

シャツの上から腰巻き!?


これが、間違った、腰巻きの服装!

なにが、間違っているのか、順に、見てみよう。

シャツに腰巻きはダサい!

まず、目に付くのは、シャツに、腰巻きをしていること!

腰巻きをするなら、絶対に、Tシャツ!もちろん、長袖のTシャツでも、OK!

カーディガンを腰巻きに使ってはいけない!

服装に、バブル期のような、古臭さを、感じるのは、カーディガンを、腰巻きしているからだろう。これによって、プロデューサー巻きの、雰囲気を、感じるのだ。
プロデューサー巻きが、ダサいのは、言うまでもない。

シャツ以外のアイテムを、腰巻きに使ってはいけないことが、よくわかる。

トップスの上から腰巻きはダサい!

タイトルにあるとおり、イラストでは、シャツの上から、カーディガンを、腰巻きしている。

これは、レディースで、よく見かける、腰巻きスタイル。男性なら、腰巻きの結び目を、トップスで隠したほうが、しっくりくるはず。

まとめ

カーディガンを腰巻きしなければ、普通の服装。腰巻きひとつで、服装が、ダサくなってしまうことが、よくわかる。
“ただ巻くだけ”に思える、腰巻き。結構、難易度の高い、着こなしなのかもしれない。

無難に、無地Tシャツに、チェックシャツを腰巻きするくらいに、しておいたほうがいいかも。

スポンサードリンク