シンセティックレザーとは?合成皮革と人工皮革

○○とは?

スニーカーとかの素材を見ていると、たまに“シンセティックレザー”っていう文字を目にしませんか?レザーはわかるけど、シンセティックってなんだろう・・・?

今日は、シンセティックレザーの意味を調べてみる!

シンセティックってなに?

“シンセティック”とは、『合成の』『人工的な』という意味。syntheticという単語を調べただけで、シンセティックレザーの意味がわかってしまいましたね(笑)

シンセティックレザーとは、本革ではない、合成、もしくは、人工的な革。
スニーカーなんかの素材を見ると、“合成皮革”と書いてるものもあれば、“人工皮革”と書いてるものもある。

どちらとも、シンセティックレザーということになるし、メーカーの表示の仕方が違うだけ?

合成皮革と人工皮革って何が違うの?

2つの違いは、生地の作られ方!ここでは、専門用語などは使わずに、誰でもわかるように説明します。

合成皮革は、文字通り“合成”というくらいなので、素材を貼り合わせたようなもの。
人工皮革も、文字通り“人工”的な力で、より本革に近づけたもの。

簡単に説明すると、こんな感じ。詳しいことは、繊維なんかの専門的なサイトへGO!(笑)

どちらが本革に近い?

さっきの説明を見れば、人工皮革のほうが、より本革に近いということになりますね。

合成皮革のものは、革っぽいシワが大きく表現されているように見えた。人工皮革は、このシワがさらに細かく表現されていた。
しっかり見ると、人工皮革のほうが高級感があるようにも感じる。
これは、人によって、感じ方が違うはずだから、参考程度に。

はっきりとした違いがあるわけでもないし、見た目上では、この2つの違いに、こだわる必要はないかもしれない。

僕が見た、合成皮革と人工皮革のスニーカーだと、人工皮革のほうが割高でした。

まとめ

syntheticという単語には、”合成”と”人工的”という、2つの意味が含まれる。このことから、合成皮革と人工皮革のどちらも、シンセティックレザーといえる。
しかし、細かいところまで見ると、合成皮革と人工皮革には、違いがある。

人工皮革のほうが、本革のような高級感があるように見えたが、誰でも違いがわかるような、大きな違いはない。

スポンサードリンク