今さら聞けないMA-1!読み方は?いつまで?

アウター

MA-1ってどんな服?何て読むの?今年着るのは、もうダサい!?時代遅れ?いや、定番?
そんな、MA-1のイマについて!
随時更新中(最終更新日2017.11)。

MA-1ってどんな服?


MA-1は、フライトジャケットの一種で、元々はアメリカ空軍の軍服!ミリタリーアイテムの多くは、軍服を元に作られています。

ブランドやセレクトショップから、タイトでスタイリッシュなものがリリースされていますが、元々は防寒性の高い、ボリュームのある軍服。

MA-1の読みかた!


そのまま、エムエーワン!

CMでわかるMA-1の流行

MA-1が最初に流行ったのは、1980年後半から90年前半のバブル期!
CMなんかで、娘が持っているMA-1を見たお父さんが、「懐かしいなー」みたいなことを言っているCMがあったような。これはバブル期に流行っていたから。

最近では、earth music&ecologyのCM。宮崎あおいさんと生瀬勝久さんによる、「父と娘」というCM。父と娘が久々に会うと、2人ともブラックのMA-1。


僕は、お父さんがMA-1を着ているのは、今メンズでも流行ってるからではなく若かったころに流行っていたからと、勝手に想像(笑)だから、あえてお父さんを登場させたんじゃないかな。
お父さんは50代くらいの設定だと思うけど、50代になってもトレンドを意識する”おしゃれなおじさん”という設定は考え難い。
CMの内容は、お父さんとペアルックみたいになっちゃったけど、娘のMA-1はリバーシブルの2way仕様。裏返すと、カーキのMA-1に。2wayのMA-1の宣伝のCMです。
Twitterのリンクを貼ってあるので、一度見てみてください。

MA-1の人気はいつまで続くのか

これは僕の勝手な憶測ですが、そう長くは続かないでしょう!2年ほど前に流行った、カーディガンを肩掛けする、プロデューサー巻きですが、これもバブル期に流行った、ファッションです。
今ではまったく見かけることがありませんね。定番化することもありませんでした。

MA-1は防寒性が高く、機能性のある軍服であるため、プロデューサー巻きのように、消えていくことはないでしょう。しかし、同じバブル期に流行ったファッションです!
そのため、トレンドから消えていく日は、近いと考えています。
ここまでは、記事投稿日の2016年2月の予想。

2016年9月のMA-1

人気は落ち着いてきた様子。トレンドは、スカジャンへと移り変わりましたね。一応、トレンドアイテムではあるものの、昨年ほどの人気は感じられない。
やはり、いずれはトレンドから消えていくかもしれませんね。そのまま消えていくのではなく、定番アイテムとなっていくと思います。

2017年秋冬~2018年のMA-1

この記事は、2016年に書いたもの。
2017年~のMA-1については、別記事にて解説しています。


もうトレンドアイテムではありません。
時代遅れのアイテムではなく、定番となったといっていいでしょう。

おじいさんもおじさんもおばさんも大学生も高校生も幼い子も着ています。

その分、トレンド意識のおしゃれ大学生なんかでは、着ている人はかなり減った。

MA-1を着る時季

今トレンドのスカジャンを着る時季は、Gジャンやテーラードジャケットを着る、少し肌寒い時季。「トレンドはスカジャンだからMA-1は着ない!」というのは間違い。MA-1とスカジャンでは着る季節が違う。

MA-1を着る時季は、ライダースやスタジャンを着る時季。この3つのアウターはスカジャンより防寒性があり、冬も着用可能。

最後に

去年は着ている人が多すぎて、着る気になれなかった。そういう人も多いと思います。僕がそうなので(笑)人気が落ち着いてきた今こそ、MA-1を着る時期なのかもしれませんね!