当ブログについて

当ブログについて

トレンドを「ダサい」と批判することもあれば、自分のファッションの「ダサい」話も。
僕のファッションは「ダサい」の繰り返し。
試行錯誤するのが、僕のファッションである。

そんなブログ。

ブログ紹介

まず初めに、当ブログは、よくあるファッションブログではございません。
ジャンルを言うのならファッションであるが、ファッションブログだとは思ってない。
ファッションブログを書くような、ファッション上級者でもないので。

このブログを立ち上げたのは、2012年。
サイト名もURLも、何度か変わってます。

発信の変化

コンテンツの発信の仕方も、この何年もの間で、大きく変化している。
WEARにコーディネートあげた時期もあれば、下手くそなイラストを描いてた時期もある。
これらはやめてしまった。
ブログなのだから、文章を書くべきなのだと。

今は、ほぼ文章だけの記事にしている。
当分は、これでやっていくつもりだ。

コンテンツの変化

ただひたすらに、ダサいと思う服装を挙げてる時期もあった。
そのために、下手くそなイラストを用いていた。

今は、トレンド、主に大学生ファッションに思うことや、自分のファッションに対する考えや、失敗談、好きな服についてなど。

このブログを書いてる人

ショップ店員でもなければ、読者モデルでもない、WEARにコーディネートを載せてる人でもない。
ただの素人。

自分に似合う服を求め、試行錯誤の毎日。
これを続けて、15年くらいか。
気付けば、もう、おっさん。

僕のファッション

中学生の頃に出会ったブランド、N.ハリウッドが全ての始まりだった。
大好きなミュージシャンが着ていたからだった。
10代の頃は、こだわりがかなり強かった。
ユニクロやセレクトショップのオリジナルものは絶対に着たくなかった。

今は、そんなこだわりは捨てた。
ノーブランドだろうと何だろうと、似合う服を求めている。
トレンドの何とか、ハイブランドの何とか、ドメブラの何とか…。
そんなものには興味がなくなった。

自分に似合う服。
ただ、それだけを求めている。

それでいて、“普通”であること。
デザイン性で、ファッションの個性を求めることはない。
似合うことを個性とする。
無難な服だろうと、似合う人と似合わない人では、似て非なるものだ。

ファッションに対する考え

僕がファッションに対して、重視するのは、似合う似合わないである。
お洒落への最短ルートなんてものがあるとすれば、、似合う服を見つけること。
最短とはいっても、決して、短いものではない。試行錯誤が必要だ。

この試行錯誤を記事にすることも、よくある。
僕自身、その試行錯誤の過程でダサい服装が生まれる。

手っ取り早いお洒落は、ただのダサい量産型。
なぜ、量産型がダサいのか。
試行錯誤をしてないからだ。
似合う似合わない関係なしに、「流行ってるから」という理由だけで、それを着てしまう。
実に、薄っぺらいファッションなのだ。
お洒落ではあるが、最悪な服装なのである。

記事の内容は、こんな感じのものが多い。
開設から5年以上、あと数年で10年経つ。
昔の記事では、今とは異なる考えであると思う。
「女子ウケ重視!」なんていう、学生時代もあったので…。

【更新:2019年8月21日】

スポンサードリンク