絶対に背負ってはいけない!ダサいバッグ!

バッグ

こんなバッグはさすがにダサいかもしれない。
時代遅れとかではなく、これは本当にダサいのではないかと。
そんなバッグが一つだけある。

言ってしまうとショルダーバッグなのだが、中でもダサいと思うのがこんなショルダーバッグだ。

ダサいショルダーバッグとは

僕は大きめのサイズのショルダーバッグがダサいように思う。
しかし、全てのショルダーバッグがダサいというわけではない。

それでは、どんなショルダーバッグであればダサくないのか。

マンハッタンポーテージ

このページには、「マンハッタンポーテージ ダサい」の検索ワードで辿り着く人が多いようだ。
マンハッタンポーテージといえば、ショルダーバッグだ。

マンハッタンポーテージのバッグはダサいかと問われれば…。
お洒落だろう。
あればダサいのなら、何がお洒落なのか。
僕自身使用したことがないため詳しいことは言えないが、デザインだけでいえばダサいなんてことはないはずだ。
こんなにもシンプルなバッグに、ダサいもダサくないもないのだ。

では、ダサいショルダーバッグとは。

デザインプリント

ショルダーバッグで、デカデカと英字プリントなんかが付いてるのはダサい部類だろう。

僕が小学生のころ持っていたショルダーバッグは、デカデカとロゴが付いてた。
チャンピオンのブランドロゴであったが、学生が使うには子供っぽい。
学生の頃にこんなバッグを使ってる人が学内にいて、ダサいと思ってしまった。

ショルダーの長さ

ショルダーの長さも、ダサく見えてしまうポイントのひとつ。

お尻がバッグで隠れるような長さだとダサく見える。
学生時代に僕がダサいと思ってしまった人も、ショルダーがこのくらい長かった。
どうしてもオタクっぽい印象になってしまう、背負い方だと思う。

まとめ

僕が考えるダサいバッグは一部のショルダーバッグ。
それは、デザインや背負い方にある。

マンハッタンポーテージなど、お洒落とされるようなショルダーバッグであっても、ショルダー長めはあまり好きではない。
特別な好みや考えがない限り、ショルダーは短めがいいだろう。

スポンサードリンク