3年前に書いた内容が薄っぺらい記事にアクセスがあるわけとは

雑記

3年以上前に書いた記事。
なぜかアクセスがある。

それを不思議に思うのは、記事の内容であり、それがさらに薄っぺらい。
薄っぺらいくらいが読みやすい?
それとも、求められてる情報なのか?

3年半前に書いた記事

と言うことでして、この過去の記事。
グレーのM65のダサい服装!
「こんなM65の服装はダサい!」といった記事。
友達の服装だったかな、忘れたけど。
「グレーはダサいんじゃねぇか」とでも思ったのかな、当時は。

僕自身、M65が好きで、結構着ていて。
ガチのやつではなく、当時のトレンドのサイズ感だったりの。
記事に書いてるとおりで、AKMやwjkのが人気があった。
AKMのは、さすがに買えなかったけど。

こんなことを書いてる記事。
加えて、下手くそな絵を添えてる。
好きでもない絵を書いてみたり、WEARをやってみたり、アクセスアップのために色々模索してる時期かな。
今でこそ、こんな無駄なことは辞めたが。

この時期の記事は、本当に中身がなくて。
今、十分に濃い内容を書けてるとは言えないけど。
大したこと書いてない訳だ。
それなのに…?

アクセス数なんてそんなんもん

タイトルと前置きどおりで、アクセスがある。
「とりあえず、ダサいと思う服装挙げていこう」みたいな感じで、パパっと書いたような記事。
「こんな記事、誰が読むんだ」と。

でも、そんなもんなのかなとも思う。
タイトルやサムネだけが、立派だったり。
よくあるのが、「ユニクロの高見えなんちゃら!」みたいなの。
なんだよ、それ。
一番嫌いなのは、買ってもいないユニクロUのレビュー。
店内で、ひたすら試着して、写真撮ってレビューしてる人とかも。
それ、買う気ないだろって。

こういった記事はアクセスが集中する。
内容がどうであれ、求められているから。
僕が嫌いなだけで、コンテンツとしては完成度が高い。
僕の過去記事は、完成度が低い。
それでも、アクセスはある。
そんなもんなのかな。

最後に

人に読まれる記事って、案外、薄っぺらかったりする。
数字取るだけなら、この程度で良かったりする。

もちろん、アクセスは増やしたいけど、それだけのサイトにはしたくない。
こんな雑記書いたって、何の意味もないわけで。

スポンサードリンク