ダークグレーとオリーブとカーキの曖昧な色の服が好き

僕のファッション

表記がダークグレーだけど、カーキっぽかったり。
オリーブなんだけど、ダークグレーっぽかったり。
そんな曖昧な色の服が好き。

最近、好きな色の服。

曖昧な色

赤は赤でも色んな赤がある。
明るかったり、薄かったり濃かったり。
全て赤色の服として売られてると思う。

きっかけは、ダークグレーのTシャツを買ったこと。
タグには、ダークグレーと表記されてるが、少しカーキっぽい。
この曖昧な色の感じが好きになった。
「どっちなのかな」って感じ。

他には、オリーブと表記されてるのにダークグレーっぽいTシャツ。
どちらともとれる曖昧な色。
光の加減でも変わるかな。
この曖昧さが好き。

合わせやすい

割と何にでも合ってしまう。
ただし、羽織りのインナーには向かない。
これについては、後ほど。

お洒落な服装にはならないが、普通っぽさを意識する僕には、この感じが合ってる。
普通な感じ。
何てことのない服装になる。
これも僕が気に入ってる点。

普通っぽさを意識して、明るめのグレーの服を着てた時期があるが、これは違った。
無難な服とは。白や黒よりグレーの服が一番無難?
無難と思ってたが、僕にはあまり似合わず、明らかにダサかった。

地味

合わせやすいのだが、ダサくなってしまったことが一度ある。
色としては地味なため、この地味さがダサく映る服装だった。
過去に書いたことある。
僕がグレーではなくチャコールグレーやダークグレーの服を選ぶ理由
好きで、しっくりくるけど、服装自体によっては、かなり地味に。
黒いアウターのインナーにするとダサかった。

一枚で着るのが好きと言うか、似合ってるのかな。
しっくりくる感じがある。

最後に

最近はオールブラックばかりだったが、これらの色で遊んでみるのが楽しかった。
黒も素材によって違いはでるが、黒は黒。
赤や青など、わかりやすい色を着るのとは、また違う楽しさがありハマっている。

今は、オリーブ表記だけどダークグレーなロンTを狙っている。

スポンサードリンク