オールブラックの服装が無個性になってしまう話。

雑記

服装に迷うと、真っ黒に逃げがち。
「これで、よし!」なんて思うものの、本当にいいのか。

ダサいダサくないの前に、そんな服装には、個性がない
個性を重視しているのにはずなのに、服装は無個性な真っ黒。

誰でもそれっぽくなる


僕がするようなオールブラックの服装は、大抵の人は、それっぽくなる。
スキニー穿いて、コート羽織ってみたいな。インナーも黒で。
良く言えば、誰でもそれっぽくなる。悪く言えば、無個性だ。

冒頭に書いた通り、ありきたりな服装はあまり好きではない。
それでも、真っ黒のときに、こんな服装をしてしまうのには訳がある。

個性派は好まない

個性を重視とは言っても、個性派な服装は好まない。
ぶっ飛んだようなね。
まず、目立ちたくない(笑)
だからか、オールブラックにすると、量産型っぽい感じになってしまう。

僕が好むのは、よく記事に書いている、スーパーに買い物に行けるくらいの服装。
普通な感じ。
それでいて、周りと被らない、個性のある服装。
結構、難しいことを言ってる。
トレンドのお洒落は服装をするだめなら、見本もあるし、真似するだけで簡単だ。

自分に似合い、それを個性とするとなると、難しい。

悪目立ちはダサい

ぶっ飛んだ感じにすると、悪目立ちして、浮く。
「そんな服装で、どこ行くんだよ!?」って人、たまにいませんか?
それは、悪目立ちして浮いちゃってるんです。

オールブラックの服装は、そんな印象になりがちだ。

前、記事にしたが、オールブラックの服装に、ツバの広いハットをかぶったり、デザイン性のある変形型の服は、街に馴染まないわけだ。
普通な黒シャツやジャケットでも、スーパーでお買い物には馴染まない。
僕は、何回かこの失敗をしている。

そうなると、オールブラックのときは、なるべく普通の服を選ばないといけない。
パーカーとかTシャツとか。
アウターならダウンジャケット。

個性派か無個性か

オールブラックの服装は、個性派か無個性か、どちらかになる。

僕の場合は、無個性になってしまうが、ちょっとしたこだわりで印象は変わるもの。
これまた、前に書いたものだが。
パーカーであれば、リブやフードに。
そうすれば、無個性な服装にも、周りとの差が生まれる。

最後に

今日の服装は、真っ黒だった。
そして、考えたのが、この内容のようなこと。

下北沢のようなお洒落なところに行くなら、思いっきりお洒落をしてもいい。
しかし、僕はそんなお洒落なところには、ほとんど行かない。

何より、僕はお洒落と言われるような服装は好きではない。
「お洒落してます!」感が出てるような。
普通だけど、少しこだわりが見えるような服装。

スポンサードリンク