ビッグシルエットのニットで萌え袖は男でもあざとい?

特集

友達が女友達に、「大きいニットはあざといよー」と言われていた。
そのニットはビッグシルエットで、袖は、いわゆる『萌え袖』に。

こんな服装は、男でもあざといと言うのか。

男の“あざとい”

そもそも、男のファッションを、あざといと言うのだろうか。
萌え袖だって、女性がしてこそだ。

女性がそこに、ときめきを感じれば、あざといのだろう。
最近は、そこを狙うようなファッションが多いように思う。
大学生ファッションに。
男の萌え袖が好きな女性など一部ではあるが、相手によっては、モテファッションとなる。

僕はあまり好きな部類のファッションではないのだが、これも一つの個性化か…。

あざとくなれる男

萌え袖が許される男性は、ごく僅かだろう。
スラっとしていて、女性的であったり。
長い袖から見える、指もきれいでないとならない。

モテを狙うようなファッションをダサいと言う人もいるが、自分にしかできないファッションとして取り入れるのはアリかなと。
出来ない人がやれば、悲惨なのだから。
僕は年齢的にも無理だし。

あざとくなれるのも、一つの自分らしさか。

着こなし次第

着る人、着こなし次第でも、その、あざとさは変わる。

ニルヴァーナのカートコバーンのファッション。
着古したニットとジーンズの服装。
ニットは、ビッグシルエットと言えるサイズ感である。
彼のこのファッションは、グランジと言われる。

このファッションに、あざとさは感じるだろうか。
僕としては、全く感じない。
“あざとい”は着る人、着こなしによって表れるのだと、僕は思う。
ビッグシルエットで袖の長いニットを着て、萌え袖になっていたとしても、必ずしも“あざとさ”を感じる訳ではないのだ。

あざとさは、服によってではなく、自ら表す。
女子ウケだとか、モテを意識したファッション。
最近だと、思いっきりメイクしてる若者がいる。
こんな感じだと、あざとく見える。

好きな服を着てるだけの、カートコバーンのファッションに、女子ウケファッションのような、あざとさなどないのだ。

最後に

僕は、古着っぽく加工されたニットを一着持ってる。
サイズも、グランジを意識してか、大き目。
着れば、萌え袖となる。

萌え袖っぽく見えるようなファッションは避けるのだが、どうしてもそう見えてしまうこともある。
最近は、長い袖が鬱陶しくなり、着てない。
デカいくて、袖もごわごわだから、アウターを羽織りずらいのも何だかね…。

スポンサードリンク