【僕のダサい冬】ダウンジャケットでオールブラックの服装

僕のファッション

最近の僕のダサい服装は、黒のダウンジャケット。
この服装自体がダサいというわけではく、僕に似合わないからダサい。

どうやら、少しでも野暮ったく見える服装は似合わないようだ。

黒のダウンジャケットでオールブラックやモノトーン

黒のダウンジャケットで、オールブラックやモノトーンの服装は、今っぽくてお洒落である。
何てことない黒のダウンジャケットも、ここ数年は人気でお洒落に見える。
黒のスキニー、ワイドパンツ、どちらも合う。

タイトルどおり、そんな今っぽく見えるはずの服装がダサいという内容である。
お洒落ではあるのだが、似合わなかったら、どうなるだろうか。
これが似合わないのが、僕なのだ。

似合わないとダサいのがこの服装

この服装。
似合ってないとダサく見えると、僕は思う。
どの服装にも言えることだが、この服装は特に。

いくら、トレンドであったとしても、似合ってないとお洒落には見えない。

僕は、ワイドパンツほどではないが、太めのパンツを穿いていた。
部屋着のスウェットパンツのような野暮ったさがあるパンツであった。
だらしなさのある野暮ったさだった。
僕には、野暮ったい服装は似合わないようだ。
最悪の服装だった。

好きじゃないからなおさら

好みの服装ではないというのも大きい。
似合わない上に、好きでもない服装だった。


着膨れていたり、ボリュームのある服装は好みではない。
ボリュームのあるダウンジャケットは、トレンドであるが好きではないのだ。

この記事中では触れたが、ダウンジャケットはタイトに着ていた世代の人間。
ダウンジャケットについては、トレンドに乗り遅れてる感がある。
好きな服、似合う服を着ればいいと思うし、トレンドに乗る必要などないのだが。

最後に

何で好きでもない服を着たのかと言えば、着替えるのが楽だったから。

好きでもない上に、似合わない服装で外出するのは気分が悪い。
家に着いたときの気分は最悪。
ダウンジャケットを脱ぎ捨てた。
好きな服を着たときの気分とは、全く違うのだ。

少し面倒くさくても、好きな服に着替えて、外出しようと思った一日だった。

スポンサードリンク