伸びてたりヨレヨレだったりの「ボロ着」がしっくりくる話

僕のファッション

中古の服には抵抗があり、古着を買うことはない。

でも、伸びてたり、ヨレヨレだったりするボロ着は好き。
自分でたくさん着て、ボロ着になった服。

ボロ着がしっくりくる話。

最近の僕の服装

最近の記事によく書いてるとおり、服装に迷っている。
しっくりくる服がない。

今までは黒ばかり。
黒の羽織りのインナーが白だったりグレーだったりすることもあったが、基本オールブラック。
この今までの服装も、しっくりこなくなってくる。
好きでもなくなる。
そこまで似合ってないような気もしてきた。
オールブラックは、しばらくしないと思う。

あとは、よく記事中にも書いたグレーの服。
やっぱり、これはダメ。
っていうよりかは、似合ってない。

持ってる服、ほとんどがしっくりこなくなったわけだ。

ボロ着

その中でも、一着だけ、しっくりくる服があった。
着古したチェックシャツだった。
これがまたいい感じにやつれていて。
他の人から見ればただのボロ着なんだろうけど、僕には味のある古着に見えている。
リーバイスの8600円だか6400円の服なんだけど、サイズも僕に合っててお気に入り。

これをオールブラックの上に羽織ってみると、久々のしっくり。
改めて、「着古した服っていいな」と思った。
僕は、若干潔癖入ってて、古着を買うのは抵抗がある。
学生の頃、ヤフオクで中古のドメブラを買い漁ってる時期があって。
その時に、わきがの服に当たってしまい、それ以来、古着が嫌に。

だから、自分で着古すしかない。
自分でボロ着にするのも好きかもしれない。

インナーは伸ばしたTシャツ

チェックシャツのインナーは、自分で伸ばした無地のTシャツ。
買ったばかりなのに、ヨレヨレ。

無地のTシャツは、思いっきり伸びてたほうが、僕にはしっくりくる。
首元も、思いっきり伸ばす。
首元がギュッとしまってるようなTシャツは、僕が着ると、着せられてる感が半端ない。
明らかにダサい。

綿100%で薄いペラペラのを選んで買ってる。
その辺にインナーとして売ってるやつでいいから、安く済んでる。
今着てるのは、一枚数百円。

最後に

古着っぽい服がしっくりくるというよりは、ボロ着がしっくりくる。
自分でボロボロにした、ボロ着。

前に一回安さに惹かれて、ネットで中古の服を買ったことがあった。
もう臭いで嫌になっちゃって。
自分の服だと思えないというか、何と言うか。
愛着が湧かないというか。

僕は、服は新品じゃないとダメみたい。

スポンサードリンク