無難な服とは。白や黒よりグレーの服が一番無難?

僕のファッション

今ファッションに求めるのは、お洒落であることより、普通であること。
色で言えば、グレーが一番、僕が求める無難な服に近いと思った。

なぜ、グレーなのか。
僕の無難な服について。

僕の無難

僕の言う無難とは、「無難」とは少し違うのかもしれない。

白は、大学生が着てるから却下。
かぶりたくない。
黒は、僕は昔から黒いパンツばかり履いていて。
オールブラックの服装は、普通ではない。無難ではない。

そこで、グレーのTシャツなわけです。
白Tも黒Tも、無地で、何てことないクルーネックやVネックであれば、無難であると思う。
しかし、「お洒落ではない無難」と考えると、グレーが今の僕が求める無難なのです。

グレーの服の特徴

グレーの服の特徴は、リラックス感があること。

一歩間違えれば、それは部屋着っぽさでもある。
グレーのパーカー、スウェット、どれも他の色より部屋着っぽさがあるはず。

このリラックス感が、グレーの服の特徴であると思う。

リラックス感は無難?

僕が求める無難とは、このリラックス感もある。
あまりにも、力の入ってる服装は、今の好みではない。
オールブラックの服装に飽きた可能性もある。

昔からよく着る服の一つである、黒のカーディガン。
最近は、インナーをグレーにして着ている。
グレーの無難さを求め、その無難さとは、リラックス感のある服装であったと考えられる。

パンツも少し太いのを穿こうかなとも。
これも、リラックス感を求めてのこと。

キレイ目よりカジュアルが無難?

シャツを着たり、ジャケット着るような服装より、Tシャツやパーカーのほうが無難。
これもまた、リラックス感によるもの。

ポロシャツを着て、スキニーを穿く服装も好みではある。
でも、これは僕の無難ではない。
キレイ目であり、リラックス感がないからかもしれない。

キレイ目の服装より、カジュアルな服装が、今の僕の無難。

避けたい無難

避けたい無難は、トップス白にパンツが黒。
さっき書いた通り、大学生っぽいですよね。
無難であり、お洒落ですが、これだけは避けたい。

ジーンスを穿けばいい話ですが、パンツはなんだかんだでいつも黒なんです。
7、8年は黒で通してます。
だからどうしたって話ですが(笑)
こだわりと言うことで。

白Tも白シャツもよく着てましたが、お洒落大学生の定番となってきた頃から、着なくなりました。
白シャツも無難ですが、今はかぶります。
無難だからこそかぶるのですが、大学生ファッションとかぶるのは勘弁。
無難は無難でも、あまりにもかぶる量産型のような服装は嫌います。
僕が求める無難とは違うのです。

最後に

無難は無難でも、少しこだわりのある無難と言ったところでしょうか。
「無難な服装がいい」と言ってる時点で、何でもいいわけでないわけですが。

「もう服とかどうでもいい、普通の服でいい」とか言う人がいて。
服をプレゼントしようと思って話を聞いたら、七分袖がいいとかVネックがいいとか着丈は少し長めでとか…。
こだわりが多い訳です(笑)
無難な服って、難しいんです。

何だかんだで、誰もがファッションにこだわりを持ってるのだと思った。

スポンサードリンク