ビジネス向きステンカラーコートを私服の普段使いするには

アウター

ビジネス用のステンカラーコートは、撥水加工が施されていたり、ライナーを付けれたりと、何かと便利。

そんなコートを私服としても使えたら便利ではあるが、着こなしによってはダサくなる。
ビジネス向きステンカラーコートを、私服としてカジュアルに着るには。

トレンドを組み込むとダサい?


ここでいう、ビジネス用ステンカラーコートの着丈はそこまで長くない。
生地は、いかにも撥水しそうなポリエステルなど。

インナーを白、黒スキニーを穿いて、3ホールシューズ。
こんなトレンドものを取り入れれば、お洒落にも見える。

しかし、僕の考えとしては、もう少しカジュアルに着たい。
カジュアルに着こなしてはいるものの、パッと見た感じでは、スーツ姿のサラリーマンに近い。
私服の普段使いとして着るのなら、もうひと押し欲しいところ。

パーカーは着ない

カジュアルさをプラスするからといって、パーカーを着ることはあまり薦められない。
ロングコートにパーカーを着るスタイルは人気ではあるが、僕はあまり好きではない。
女子ウケはいいと思います。

きちっとしたテーラードジャケットにパーカーを着るのは、何だかパッとしないしない。
これと同じで、ビジネス向きのコートやジャケットに、パーカーは合わせないほうがいい。

では、どのようにして、カジュアルさをプラスするか。

ジーンズを穿く!

シンプルにジーンズを穿けばいいんです。

ブルーのジーンズにすれば、コートのインナーにも迷わない。
ブラックやグレーなどの色でも、合う。
黒いパンツだと、地味な印象になるはずだ。

黒スキニーでも、お洒落にしっくりハマる人もいるだろうけど、僕はジーンズを薦める。
黒いパンツ穿いて、ビジネス向きのジャケットなりコートを着ると、キメすぎな印象になる。
抜け感ってやつが足りないんです。

ジーンズを穿くことにより、普通な感じのカジュアルさをプラスできるんです。

最後に

僕自身、どちらかというとビジネス向きなステンカラーコートをよく着る。
スーツ専門店で売ってるようなものではないが。

一着あると便利なんです。
撥水だし、風を通さない、丈夫な生地で長持ちする。
その分、着こなしは難しい。

そのコートに黒いパンツを合わせると地味なんです。
素材がメルトンなら、地味にはならない。

イラストみたいな感じに、モノトーンでまとめるのも普通にお洒落なんです。
でも、上下黒でインナー白の服装は、最近あり溢れて面白味がない。
そんなことを含めてのジーンズ。

スポンサードリンク