歳をとってカーディガンが明らかに似合わなくなった!

僕のファッション

歳をとって、似合う服が変わった。
特に、カーディガンが似合わなくなった。
着てみると、明らかにダサいことが自分でもわかる。

好きな服が似合わなくなり、戸惑っているここ最近。
考えていたことを、まとめてみる。

まだまだ引きずるダサい服装

この記事に書いたアウター。
【ダサ過ぎる服装】外出してから自分の服装がダサ過ぎることに気づく
ノーカラーコートのようなデザインで、カーディガンっぽいといえばカーディガンっぽい。

カーディガンが、とにかく似合わなくなった。
何度か記事にしたが、昔から好きな服であり、よく着てきた服である。
ダサいと言われる黒のカーディガン。僕は10年近く着てる
トレンドなんかで見れば、お洒落な服ではない。
それでも、好きだから今まで着てきた。

しかし、そんな好きな服が、何だかしっくりこない。
明らかに似合ってなく、ダサい。

なぜ似合わなくなったか

なぜなのかと言えば、歳をとったから。
見た目の変化により、似合う服が、ここ最近変わったのだと思っている。

見た目はもちろん、髪形だって昔とは違う。
「伸ばそうかな」なんてことも書いたが、さらにバッサリ短くした。

見た目の変化に、服装がついていけてないということだ。

そもそも、似合ってたのかもわからないが…。
昔のほうが似合ってたのは確実である。

いい年してアンニュイな服装

僕がカーディガンでする服装といえば、オールブラックで、モードっぽいというか。
アンニュイな雰囲気であった。
黒のカーディガン自体に、こういったモードっぽさがあると思う。
僕が選んで着てたものは特に。

数年前までは、これで良かった。
それが、いい年になってくると、さすがに厳しい。
どれだけ服を愛してても、年齢には逆らえない。

前のダサ過ぎる服装をやってしまってから、少しだけ服の系統を変えつつある。
相変わらずオールブラックではあるが。

最後に

ずっと好きな服が、似合わなくダサいのも辛い。
「ジップパーカーが好き」なんてことも書いてたが、これも何だか似合ってないような。
最近は、パーカーも着てない。

そんなこんなを経て、系統の違う服を着てみると、案外しっくりきたりして。
安い服を買って、色々試したりしてるこの頃。

と言うより、最近は安い服しか買ってないな。
昔は、絶対に手を出さなかったような。
ブランドへのこだわりがなくなった。
これもまた、歳をとったからかな。

スポンサードリンク