僕がグレーではなくチャコールグレーやダークグレーの服を選ぶ理由

僕のファッション

ダークグレーやチャコールグレーの服を好んで着る。
「普通のグレーだと無難すぎるな」なんてときに。

しかし、ダサくなってしまったこともあり、ダサいと思ってたこともあった。

なぜグレーを選ぶか

僕にとってのグレーの服は、“ザ・無難”
服装に迷ったときは、グレーを選ぶ。
逃げるともいえる。


「僕はグレーに逃げたのか」なんてことを書いた。

あとは、普通のグレーではダサいのではないかとも思った。


チャコールやダークグレーの長袖Tを買おうとも思ったが、結局買わず。
何だかんだで、この記事でダサいのかと考えたが、普通のグレーの長袖Tを着てる。
お洒落でもダサくもないのが、普通のグレー。
良くも悪くも、無難。

チャコールやダークグレーの服は、こうは思わない。

なぜ濃いグレーを選ぶか

僕がチャコールやダークグレーを選ぶときは、服装に迷ったときではない。
無難に逃げるときではないのだ。

普通のグレーよりは、自分に似合ってるような気がする。
普通のグレーよりは、無難ではないと思っている。

明るいグレーよりは、チャコールやダークグレーなどの濃いグレーのほうが、こだわりを持って着ることができる。
普通のグレーだと、何だか力が入ってない感じ?
それが良かったりもするのだが。

チャコールやダークグレーでダサくなった服装

いつだったか記事にしたような気もするが、僕のかなりダサかった服装に、ダークグレーのTシャツが使われていた。

ダークグレーのTシャツの上に、黒いフリースジャケット、下は黒のワイドパンツ。
これがかなりダサかった。
インナーがダークグレーであることにより、オールブラックよりは野暮ったく。
ダサい野暮ったさだった。

ダークグレーの服の上に何を着るべきか。
何が合うんですかね…。
これからの時期、アウターには悩まされます。

最後に

何だかんだでグレーの服が好きなのかもしれない。

グレーはグレーでも、色んなグレーがありますからね。
色んなグレーの中から、自分に似合うグレーを選ぶのが楽しかったりもする。

グレーを着るときは、とことんカジュアルにする。
キャップ被ったりして。
そんなグレーの服装が好き。

あとは、さっき書いたように、アウターをどうするか。
今まであまり着てこなかった服だから、まだわからない。
これからも試行錯誤が続きます。

スポンサードリンク