初めてのお洒落はジップパーカー。中学生の頃の話。

僕のファッション

僕がファッションに興味を持ち始めた中学生の頃、ジップパーカーがお洒落とされていた…ような記憶がある。
僕が初めてお洒落として買った服は、ジップパーカーだった。

ジップパーカーの服装


普通過ぎる服装ですね。
ファッションに興味を持ち始めた中学生の頃の僕は、こんな服装をしていた。

今見れば、普通過ぎるけど、これがお洒落だった。
ジップパーカーは、有名ミュージシャンが着てるのを見て、黒と白を持ってた。

パンツはストレートのジーンズ。
テーパードもしてなければ、スキニーでもない。
スニーカーはコンバースのオールスター。
どの時代にもいるオールスターは、優秀過ぎる。

ジップパーカー着とけば間違いない

僕が中学生の頃は、「ジップパーカー着とけば間違いない!」みたいな感じがあった。
さらに、さっき書いたとおり、好きな有名ミュージシャンが着てるのを見て、僕の中では、お洒落な服となった。

中学生の頃に、ファッションに試行錯誤する人は多い。
中学校のレクリエーションがあって、私服で行くことになった。
それで、皆、服装に悩むんです。

頑張って、黒シャツ着てる人とかいたけど、全然似合ってなかった(笑)
中学生で黒シャツは無理がある。
無理を感じるような服装はダサいんです。
その点でも、ジップパーカーは万能だった。
パーカーであれば、中学生でもお洒落に着こなせる。

しかし、5年もすれば、プルオーバーパーカーの時代へと変わっていく。

今のトレンドとは逆

当時の僕に、プルオーバーパーカーという選択肢はなかった。
プルオーバーのパーカーの存在を知ってはいたものの、パーカーと言えば、ジップパーカーといった感じ。

今のトレンドとは逆なんですね。
今はプルオーバーパーカーのほうが、圧倒的に人気。
まぁ、もう何十年も前の話なんでね。

当時は、プルオーバーはダサいと思ってた。
今現在、ジップパーカーはダサいというわけではないものの、プルオーバーパーカーのほうが今っぽさがある。

プルオーバー寄りではあるが、ハーフジップのパーカーも人気になったし、いずれは、ジップの時代もまたくるのだろう。

最後に

この記事を書いてる時の、僕の部屋着はジップパーカー。
トレンドとかお洒落とは、少し離れてしまったジップパーカー。
ジップパーカーは、Tシャツの上にサッと羽織れるから、部屋着とかちょっとコンビニに…なんてときにいいんですよね。

「アウターのインナーなら!」と思うも、それにしても、今はプルオーバーのほうが優秀。

僕のジップパーカーの服装は、スキニー穿いて、白Tの上に羽織って、キャップをかぶる。
黒スキニーにプルオーバーパーカーだと、結構、街ですれ違う人と服装がかぶったりする。
それがジップパーカーだと、案外、かぶらない。
僕には、こういう服のほうが合ってる。

スポンサードリンク