【2020年】コーチジャケットってもうダサい?【過去のトレンド】

○○ってダサい?

トレンドのアウターといえば、コーチジャケット!
…だった。

今では、そこまでお洒落にも見えない。
着るだけで、今っぽくなるアウターではなくなった。

2020年現在、もうダサいのか。
【2020年1月23日更新】

今までのコーチジャケット

大学生は、皆、コーチジャケットだったと思う。
黒いコーチジャケットに黒スキニー、マーチン3ホール。
量産型大学生ファッションである。
一時期の。

今では、そう見かけるファッションではないだろう。
最近見かけるものといえば、トレンドのボアやフリース素材にしたコーチジャケット型のアウター。
ベーシックなコーチジャケットは見かけなくなった。

トレンドは変わった。

コーチジャケットってダサい?

今ではもうコーチジャケットはダサいのか。
まずは、記事投稿時の2017年10月時点での僕の考えを。

2017年10月

現状では、コーチジャケットはダサくない浸透していないのが、いいところでもある。
なんてことない服装に、サッと羽織るだけでも、どこかトレンドを感じる服装になる。
あまりにも広まりすぎた、MA-1では、こうはならない。
その理由は、こちら。
明らかに、MA-1を今っぽく着こなしてる人は、僕には、ダサく見えてしまう。
コーチジャケットであれば、似合ってない限り、それがない。

2020年1月

ここから、2020年1月現在のコーチジャケットについて思うこと。

僕としては、黒スキニーやマーチン3ホールほど、量産型大学生のイメージはない。
コーチジャケットには、ただの流行り物のイメージはあまりない。

自分らしく着こなすアウターとしてなら、一着あってもいいかもしれない。
しかし、量産型大学生のような服装をしてしまえば、ダサいだろう。
「いつの服装だよ…」みたいなね。
過去のトレンドの服装をしてるようになってしまう。
MA-1やチェスターコートなども同じく。

今、コーチジャケットを着るなら、トレンド寄りにするのではなく、自分らしく。
コーチジャケット自体はダサくないと考えた。

最後に

黒のコーチジャケット、黒スキニー、マーチン3ホール。
この服装は本当にダサいと思ってた。
中に、オープンカラーシャツなんかを着てると特に…。

いつの間にか、消えていた。
割と短期間で消えたようにも思う。
それが、トレンドであり量産型大学生ファッションである。

そんな服を買って着るくらいなら、自分の好きな服、似合う服で自分らしく。

スポンサードリンク