コートを着てキャップをかぶる服装はダサいのか

○○ってダサい?

きれいめなコートの服装をカジュアルにするために、キャップをかぶる。
トレンドのきこなしにも用いられそうではあるが、ダサくなる可能性も?

コートとキャップの相性を考える。

コートにキャップな服装


コートを着て、キャップをかぶった服装。
チェスターコートやステンカラーコートであれば、今っぽさを感じられるお洒落な服装になるはず。

しかし、合わせるコートや、全体の雰囲気によってはダサくなってしまう場合もある。

一時期のチェスターコート人気を彷彿させる

キャメルのチェスターコートを着て、ニューバランスを穿いて、キャップもしくはニット帽をかぶる。
こんな服装が一時期トレンドとなった。

コートにキャップと言えば、僕はこの服装を思い出す。
当時から賛否両論があった服装だし、今となってはダサい。

コートを着て、キャップをかぶるのなら、当時のような服装にならないようにしなくてはならない。

探偵っぽい?

最近のアウターの人気色として挙げられるのが、ブラウン系。

そんなブラウン系のコートにキャップをかぶれば、探偵っぽくなるのではないかと思った。
もちろん、全体の雰囲気によるが、キャップをかぶってカジュアルにするすもりが、探偵っぽくなってしまってはダサい。

ブラック、グレー、ネイビーの、定番カラーのコートであれば、探偵っぽさが出ないのではないだろうか。
いい具合に、カジュアルさをプラスできるように思う。

キャップとの相性が悪いコートもあるということだ。

個人的には嫌い

個人的はことを書けば、僕はコートを着てキャップをかぶるのは嫌い。
きれいめな服はきれいめなまま着たいからだ。
コートの中に、パーカーを着るのも嫌い。

カジュアルな服装をしたいときは、カジュアルなアウターを着る。
前の記事でも書いたとおり、カジュアルをプラスするのであれば、ジーンズを穿くくらいにしたほうがいい。

最後に

コートとキャップの相性についてでした。

僕の考えとしては、きれいめな服は、とことんきれいめに着る。
一般的には、この考えはダサいのかもしれないが、個人的な好みとして。
カーディガンにキャップは許せても、コートにキャップは何故だか許せない。

きれいめのコートであれば、キャップではなくハット。
キメすぎな感じになる場合もあるだろうけど、僕の考えとしては、ハット。

スポンサードリンク