絶対に選んではいけない!ダサい白シャツの2つのデザイン

トップス ,

シンプルだからこそ、映えるのが、白シャツ。
カジュアルなデザインを取り入れたがために、こんなにも、ダサい白シャツがある!

ダサい服って、無駄なデザインが、多いんです。

ダサい白シャツの服装


女子ウケが良いなんて言われることの多い、白シャツだが、こんな白シャツでは、女子ウケどころか、ただただ、ダサい。

カジュアルなデザインが施されている、白シャツには、注意が必要だ。

イラストのシャツのデザインに注目してみよう!
白シャツに取り入れると、絶対にダサい、2つのデザインを挙げる。

トリコロール

ボタンを閉めてると、普通のシャツだが、開けると、トリコロールのテープが施されているシャツ。
ボタンを開けると、チラっと、トリコロールが見えるのが、お洒落なのか。

一種の白シャツのデザインで、よく見かけるが、これはダサい

トリコロールの赤と青は、シンプルだからこそ映える白シャツに合わないと、考えた。

カラフルボタン

トリコロール以上に、カラフルで、白シャツに合わないのが、これ!

赤と青だけでなく、黄色や緑、オレンジなど、カラフルなボタンが使われている、シャツ。
トリコロールほどではないが、こんなシャツも、よく見かける。

トリコロールでもダサく見えてしまうのに、カラフルなボタンは、白シャツを、それ以上に、ダサく見せてしまう。

ダサい白シャツとは

2つのダサいデザインを紹介したが、このような白シャツのデザインは、基本的には、全てダサい。
他には、柄ポケットが付いていたり、袖を捲ると、柄が付いていたり。

トリコロールのように、チラっと柄が見えたり、カラフルボタンのように、さり気なくアクセントとして、主張しそうなデザイン。
このような、デザインは、一見、お洒落に見えるかもしれない。
しかし、この、チラッと見えるような、さり気なさが、ダサいのだ。

白シャツを選ぶときは、これらのポイントに注意し、シンプルなものを選んでほしい。

選ぶべきカジュアルな白シャツ

イラストのような白シャツを選ぶ人は、きっと、白シャツをカジュアルに着たいがために、選んでしまうのだろう。
確かに、普通の白シャツでは、仕事のときに着ているシャツと、同じに見えるかもしれない。

だからと言って、先述のような、無駄なデザインのある白シャツは、絶対に選んではいけない。

「普通のシャツだと、サラリーマンっぽくなる!」って人は、襟のデザインや、シャツのシルエットで、トレンドとカジュアルを演出しよう。
襟であれば、バンドカラ―。シルエットであれば、流行りのビッグシルエットや、大き目サイズを選んで、ルーズシルエットに。

間違っても、イラストのような、無駄なデザインのある、白シャツは選ばないように。

七分袖はダメ!?

七分袖っていう、選択肢もあるが、個人的には、おすすめできない。


イラストのようなシャツよりは、断然マシではあるが…。

“着回し”という点でも、七分袖はおすすめできない。

最後に

白シャツの2つのダサいデザインでした。
どちらも、お店で見かけることのあるデザインなので、注意してもらいたい。

紹介したデザイン白シャツが、似合ったとしても、無地のシンプルなものを、選んでほしい。
こんなデザインの施されたシャツが似合うのなら、シンプルな白シャツは、もっと似合い、着こなせるはずだ。

スポンサードリンク