ダサいニット帽って?こんな色・形はダサい!

○○ってダサい?

冬になると、ニット帽をかぶるって人は、多いと思います。
そんな、ニット帽にも、ダサい色や形のものが、絶対にある!

ダサいニット帽と、それを使った服装を紹介。

明るい色のニット帽はダサい?

まずは、ニット帽の色に、注目!
明るい色のニット帽は、一時期流行った、こんな服装に使われていた。

チェスター×ニューバランスな服装


今のトレンドとは異なる、チェスターコートの服装。
明るい色のニット帽と言えば、僕は、この服装を思い出す。

トレンドであった、当時でさえ、賛否両論のあった服装。
当然、今見ても、ダサい

こんな服装は、絶対にダサいチェスターコートの服装だ。

田舎のDQN風ファッション


田舎にいる、DQNやマイルドヤンキーと呼ばれるような、人たちも、明るい色のニット帽を、かぶっているイメージ。
厳ついファッションをしている、人たちですね。

イラストのような感じなら、まだ、マシ。
彼らのように、厳つい感じに、ニット帽をかぶるのは、絶対にダサい。
勘違いファッションもいいところ。

ちなみに、イラストは、久々に会った知人がしてきた、勘違いファッション。
詳細はこちら。


ファッションに厳つさを求めると、悲惨なことになります。

ボンボン付きはかわいすぎる!

次は、形に注目!
小見出しの、“かわいすぎる”は、誉め言葉ではない。
男には、かわいすぎてダサい。

ファッションに、さっきのような厳つさを求める人もいれば、かわいさを求める人もいる。
萌え袖を狙ってする人とかね。


厳つい人たちよりは、ダサくないが、ボンボンが付いてるニット帽は、控えたほうが良い。

明るいニット帽にも言えることだが、イラストや、幼い子がかぶってたりするのは、かわいい。

最後に

こうしてまとめてみると、ダサいニット帽は、勘違いファッションに、使われていることが多いことがわかる。

イタくてダサい勘違いファッションを回避するためにも、ニット帽選びは慎重に行い、着こなしにも気を配ろう。

個人的には、ニット帽をファッションとして取り入れるのは、あまり好きではない。
あくまでも、防寒のための、ニット帽。

スポンサードリンク