【ダサ過ぎる服装】外出してから自分の服装がダサ過ぎることに気づく

ダサい服装, 僕のファッション

最悪だった。
今日の服装は、あまりにもダサ過ぎた。
おっさんくささに田舎くささ、全てのダサいが詰まってた。

最近、とにかくダサい自分について。
…今日着た服は、もう着ないだろう。
そのくらい嫌だった。

やっぱり似合わない…ダサい

前に書いたこの記事。
お気に入りの服はダサい服?着こなしが難しいのか似合ってないのか
オールブラックより羽織りのインナーを買えた服装がしっくりくる冬
お気に入りのアウターが何だかダサい。
着こなせてない、似合ってない、服自体がダサい。
どれかなのか、全てか。

結局、インナーの色を変えることで解決し、しっくりきたものの…。
やっぱり違った。
とにかくダサい、似合ってないから。
着こなしが難しいのなら、僕には無理だ。

外出してから気づくダサさ

このダサさに気づいたのは、外出してからだった。

たまたま立ち寄った、GUでのこと。
全身鏡に映る自分。
もう、かなりダサい。
髪をセットしてなかったのもあるが。
何を着てもしっくりこない!原因は「髪形」だった
田舎者っぽさで、おっさんくさい、全てのダサいが詰まっていた。

荷物が多かったからリュックを背負っていたんだけど、それもまたダサく見えて。
一つでもダサく見えると、全てがダサく見えてくる。
靴もパンツも。

どんなに急いでいても、自宅で全身鏡をチェックしないとだめだ。
色々と予定はあったのだけど、早めに切り上げて、帰宅。

ダサいことに気づけただけマシ。
そういうことにしておこう。

これから何を着るか

これから春になるとは言っても、まだ寒い。
アウターには、いつも困る。

ダウンジャケット、パーカーとダウンベスト。
好きな服装ではないけど、似合ってるのはこっちのはず。

僕がダサい服装となるときは、いつもこのアウター。
もうダメだな、やめよう。
似合うアウターが、本当にわからない。
特別好きなのもないし。

手持ちの服を見直そう。
このアウターはもう着ない。
少し服を買い足そうとも思った、一日。

最後に

いくら好きな服でも、似合ってなくてダサかったらどうにもならない。
人のマネするだけなら、簡単なんだけどな。
そうじゃないから、難しい。
楽しいとも言える。

ダサくなってしまっても、それはそれでファッションを楽しめてる。
この繰り返しが、僕のファッションの楽しみ方なのかもしれない。
失敗は成功の基…になればいい。
これからもまだまだ試行錯誤。

スポンサードリンク