脱オタクファッションの落とし穴。ただダサいだけで何も変わりやしない

特集

「テーラードジャケットで、脱オタクファッション!」
なんて情報が、何年も前からある。

ダサいのは、脱オタクファッション。
脱オタクという行為そのもの。
情報に踊らされてるだけだ。

とりあえずキレイ目な脱オタクファッション

脱オタクファッションと言えば、とりあえず、キレイ目の定番を着る。
白シャツやテーラードジャケット。
「女子ウケ抜群!」なんてことも、言われ続けている。
ネットの情報だと、だいたいこれ。

確かに印象は良さそう。
女子ウケどうこうってのは置いといて、第一印象が悪い服装にはならない。
印象が良いだけの人。
いい人終わりで、男としては相手にされないみたいな。
魅力がない、中身がないということだ。

脱オタクファッションなんてのは、どっちみちダサいんじゃないかと、僕は思う。

どっちみちダサい

僕としては、白シャツやテーラードジャケットは、オタクっぽい人も着てるイメージ。
…いや、皆着てる。
おっしゃる通りで、これは、脱オタクファッション。
脱オタクファッションでしかない。

脱オタクファッションなんてのがあるとするのなら、それは、オタクファッションと何も変わらない。
オタクファッションをダサいと言うのなら、脱オタクファッションもダサい。
僕としては、脱オタクのほうがダサい。

脱オタクファッションに限って言えば、無理をしている。
無理してるファッションが、お洒落と言えるのだろうか。
無理して、清潔感のある服を買う、もしくは、好きでもない服装をマネキン買い。
この“好きでもない服を着る”ってのがポイント。
服装がどうであれ、ダサい。

「オタクっぽく見られない」ってことだけが目的なら、それでいいと思う。
ただ、僕が言いたいのは、行為としてダサいということ。
もちろん、ファッションとしてもダサい。

脱オタクファッションの落とし穴

僕の考えとしては、“脱オタク”という行為、そのものがダサい。
自分を殺してまで、白シャツやテーラードジャケットを着たいのか。
そんなもん着たって、モテやしないよ。
周りの反応も、変わりやしない。

ただの罠。
落とし穴。
情報に振り回されただけ。
情報を買っただけ。

こんなものは、大して服が好きでもない、ブロガーやYouTuberが、金儲けのために発信してる情報に過ぎない。
よくあるのが、WEARの画像を無断転載してる、メンズファッションなんちゃらみたいなの。
何を信じるかは、あなた次第。
僕だって、この記事を、数値だけを目的に書いてるかもしれない。
こんな記事でアクセスアップが図れるとは思えないが…。

正直なことを言うなら、数値目的と言うか、惰性で続けてる感じ。
と言うのも、今の僕なら“dasafashion”なんてブログは作らない。
ダサいとかダサくないなんて、どうでもいい。
話が変わってくるんで、この辺についてはまたいつか。

最後に

一つのイメチェンなんだろうけど、“脱オタク”と聞くと、あまり良く思わない。
自分を殺したようなファッション、着せられたファッションは嫌いだ。
それが、トレンドだろうと脱オタクだろうと同じ。

脱オタク言うのなら、髪形変えるのと、眉毛整えるのが、手っ取り早いと思う。
「オタクっぽく見られない」ってことだけを考えるのなら、ヤンチャな感じの服を持ってくる。
度が過ぎれば、いきって強がってる輩と同じ。
テーラードジャケットや白シャツ着たって、オタクのままなんじゃないかな。

スポンサードリンク