おしゃれとダサいは紙一重

ファッションについて

一見、ダサく見える服装も、よく見るとおしゃれだったりする。
これは、“おしゃれとダサい紙一重”だから、なのかもしれない。

トレンドの服を着ることだけで、おしゃれではないはずだ。

今日は、この、”おしゃれとダサいは紙一重”について、考えてみた。

シャツとカーゴで作業着!?


“おしゃれとダサいは紙一重”の例として、こんな服装を考えてみた。

薄い水色のシャツに、薄いベージュのカーゴパンツ。どちらも、だぼっとしたシルエット。靴は、運動靴のような感じの。

一見、作業着のようにも見えない、この服装。
街中で、こんな服装の人がいれば、それはそれは、だらしなく見えるだろう。

一見、だらしなく、そして、ダサく見えるのが、この服装。
しかし、よく見ると、それだけではない…。

実はトレンドを押さえてる!?

ダサいとは、書いたものの、実はトレンド押さえてる、この服装。

この服装には、こんな説明をつけることもできる。
“オーバーサイズのシャツを、ゆったりと着て、太めのカーゴパンツをロールアップし、ソックスをチラ見せ”。

アイテム自体は、トレンドではないものの、服のシルエットが、しっかりトレンド。
大学生の量産型ファッションではないのに、そのトレンドは、しっかり押さえているのだ。

“人と被らない服装でありながら、どこか、おしゃれに見える”
これこそ、まさに、本当のおしゃれではないだろうか…!

したがって、“これ”がいえるのだ。

おしゃれとダサいは紙一重?

イラストを描いていて、ふと、思った…。「やっぱり、これは、おしゃれかも…」と。
この、“ダサい服装”のコーナーのイラストを描いてると、こんなことが、よくあること。

これは、やはり、”おしゃれとダサい紙一重”だからなのかもしれない。

似合う人や着こなし方をわかっている人なら、おしゃれ。似合わない人やファッション初心者なら、ダサい。
おしゃれに見えるか、ダサく見えるかの違いは、ここにある。

最後に

トレンドの服装をするのがおしゃれなのか、誰とも被らないような個性派ファッションをするのが、おしゃれなのか。
前者がダサいと思う人もいれば、後者がダサいと思う人もいる。どちらかというと、後者のほうを、ダサいと思う人が多いだろう。

しかし、個性派ファッションには、今回取り上げた、”おしゃれとダサいは紙一重”が、当てはまる。
いわゆる、ウケが良い服装ではない。女子ウケはもちろん、万人ウケする服装ではないのだ。

おしゃれを追求するのであれば、いわゆる、量産型のトレンドファッションは、自分の通過点とするべきなのかもしれない。
たどり着く先は、個性派ファッションにしたいところだ。

この記事を書いて、そう感じた。

スポンサードリンク