フリースジャケットは毛足の長いふわふわ素材を選ぶべき!

アウター

軽くて暖かいフリースジャケット。
部屋着としては活躍しても、お洒落に着こなすのは、なかなか難しい。

お洒落に着るのならば、フリースの素材に注目する!
ふわもこ素材でお洒落に。

フリースジャケットな服装


前に、フリースジャケットについて書いた時のイラスト。

あまり、お洒落には見えない服装だ。
普通の服装ではあるものの、どちらかといえばダサい。

フリースジャケットを着こなすには、着こなしの前に、フリースジャケット自体の素材に注目する。

ふわふわ素材でお洒落に!

そんなフリースジャケットは、タイトルにあるとおり、毛足の長いふわふわ素材がいい!
毛足が長く、ボリュームのあるフリースジャケットのほうが、今っぽい服装にも対応できるのだ。

イラストは、毛足の短いフリースジャケットのつもり。
僕のイラストでは素材感まで表現できないので、想像力を豊かにしてください(笑)

部屋着にするにしても、毛足の長いふわふわ素材のほうが、暖かくて着心地も良い。
お洒落着にするにしても、部屋着にするにしても、ふわふわ素材のほうがいいということだ。

毛足が短いと?

毛足の短いフリースジャケットは、どのような印象になるか。

前の記事でも書いたとおり、部屋ぎっぽさが引き立つ。
僕はこのようなフリースジャケットのほうがダサいという考えだ。

毛足が長くても、フリースは部屋着っぽいといえば部屋着っぽいのだが、こちらはより一層ということ。

そもそもダサい?

そもそもフリースジャケット自体がダサいって思う人は、結構いると思う。

ユニクロにドンと置いてあって、老若男女問わず、いろんな人が着る。
おじいちゃんおばあちゃんから、小さな子まで。

そんな服はダサいと考える人が多い。
こんな何の特徴もないといえるくらいにシンプルな服に、ダサいもダサくないもないと思いますけどね。
ダサい服装になってしまう可能性が高いとはいえるが。

最後に

特にトレンドではないものの、個人的に好きなのがフリース。

軽くて暖かいっていうのが魅力。
洗えるし、すぐ乾く。

最近は、フリースジャケットをいかにして着こなすか考えてます。
大きめサイズを着て、パンツをスキニーにしちゃえば、それっぽく見えると思う。
カーディガンを着るように、サッと羽織る感じで。

トレンドのお洒落には向かないけど、ダサくない普通の服装にはいいのでは。

スポンサードリンク