肌着っぽく見えてしまう白Tの特徴とは?

○○とは?

定番であり、トレンドの服装に使われることも多い白T。
お洒落に今っぽく着こなせるTシャツです。

しかし、ものによっては、無地のため肌着っぽく見えてしまうことも?
そんな白Tの特徴。

肌着っぽく見えてしまう白Tの特徴

白Tは白Tでも、肌着っぽく見えてしまう白Tがあります。
無地の白Tは、一歩間違えれば、おじいちゃんの肌着みたいになってしまうわけです。

そんな白Tの特徴を挙げていきます。

首元が開いてる

UネックやVネックなど、首元が開いてるTシャツは、白だと肌着っぽさがある。
縦に深く開いてるものは特に。

何年も前に人気のあったVネックでさえも、白だと、今ではどこか肌着っぽさを感じる。
Tシャツは、クルーネックが主流になったといえる。

首元がヨレヨレ

首の詰まったクルーネックであっても、着すぎて首元がヨレている…。
こんな白Tであれば、肌着っぽさを感じてしまうこともある。

白Tで、“今のお洒落”をするのであれば、消耗品として考え、ヨレヨレになる前に買い替えるべき。

生地が薄い

インナーとして売られているような、生地の薄い白Tは、一枚で着るべきではない。
黒なんかであれば、インナーとして売られているものであっても、一枚で着られたりする。
しかし、白であれば、そうはいかない。

白Tなら、綿100%の、しっかりとした生地のものを選びたい。

でも僕はそんな白Tが好き

こんな肌着のような白Tが好きな人もいれば、似合う人もいると思います。
僕は、肌着のぽうな白Tが好きです。

UネックもVネックも、これまでに、何回も買って着ている。
クルーネックは、選択した後に、わざわざ首元をぐいぐいと引っ張って伸ばしたりして。

僕は着古した服が好きなので。
着古して雰囲気のある白Tが好きなんです。
古着っぽく、こなれた感じにはなります。

ただし、白Tと黒スキニーのような、今っぽい大学生ファッションには向かない白Tになる。
肌着っぽくも見えるため、印象も良くないだろうし、ウケの良いお洒落とは無縁。
それでも、僕のように好きな人は、肌着のような白Tを着るべき。
わかる人にはわかる。
好きな僕には、こだわりがわかります。

最後に

あえて、肌着っぽい白Tを選んでいた僕。
UネックにVネック…白Tには思い出があります。

首の詰まったクルーネックが主流となった今は、選ぶべきではないですね。
僕が学生の頃はVネックが人気で、首元が開いてるTシャツに違和感がなかった。

今のトレンドでは、肌着っぽさを感じてしまう。
特にこだわりのない人は普通のクルーネックを買って、ダメになったら買い替える。

スポンサードリンク