自分が生きてるファッション

ファッションについて

自分にしかできないようなファッション。
少なくとも、自分の周りでは「俺が一番似合う」と思えるような。

こんなファッションをしていたいし、お洒落に思う人も、こういった人。
自分が生きてる人。

トレンド

トレンドを追うのも、一つのファッションである。
今では、こう考えている。

爆発的に流行った、マーチン3ホールや黒スキニーなど。
いわゆる、量産型ファッションである。
人気がある分、ダサいと思う人も多かっただろう。
僕もそんなことを書いたことが、一度はある。
今では、それも一つのファッションであり、お洒落であると思う。

しかし、好きではない。
タイトルと冒頭に書いたようなファッションではないと言うことだ。

自分を殺したファッション

これである。
自分が死んでる、殺したようなファッション。

一つ、例を挙げると…。
好きなミュージシャンが、いつの間にか大学生のようなファッションをし始めた。
お洒落ではあると思う。
しかし、残念に思ってしまった。
服装だけではなく、襟足もバッサリだった。

流行に乗っかり、お洒落をしているのだが。
僕としては、せっかくの個性を殺してるように見えた。
「それなら、あなたよりもっと似合い、輝く人が、たくさんいる」と。

よく言ってるのが、お洒落だけどダサい。
ダサいとまで言い過ぎだが、カッコいい思えるファッションではない。

自分が生きてるファッション

あくまでも、僕の考えではあるが。
奇抜な服を着るだとか、マイナーなブランドの服を着るだとか。
僕はこれらに魅力を感じない。
こういったファッションに個性を感じ、お洒落に思うのかもしれないが。

「赤が流行ってるから赤を着る」のは違う。
この赤によって、自分が死ぬことだってある。
「自分が最も似合う」と言えるくらいの服を選ぶ…選べる人。
最もとは言わず、最初に書いたとおりで、少なくとも自分の周りでは自分が一番。

僕がカッコいいと思う人は、自分が輝く服を選べ、それを着こなせる人。
マネだけであったり、「流行ってるから」ってだけだと、魅力は感じない。

最後に

自分らしさだとか、似合う服なんてのは、自分ではなかなかわからない。
人に言われて、初めて気づいたりもする。

自己満でもいいと思う。
僕の話をすれば、10代のころから、ずっとカーゴパンツを穿いて、コンバースやバンズを履いてた。
これも一つの自分らしさだと思っている。
だが、本当に似合っているか、この服装をした自分は輝いているのか。
そんなことはわかりやしない。

自分が思う自分らしさを大事にするのも大事。
これだけでも十分に輝けるはずだ。

スポンサードリンク