革ジャンとは?ライダースのこと?レザーのジャケット?

○○とは?

「革ジャン欲しいんだよね」のような会話を耳にして、思ったことがある。

革ジャンって何?
ライダースのこと?それとも、素材が革のジャケットのことなのか。

革ジャンとは何なのか考えてみる。

はじめに

このページでは、僕が考える革ジャンという単語について書きます。
「革ジャンとは何か」正しい答えを求める方は、他をご参考お願い致します。

革ジャンとは

革ジャンとは、革ジャンパーの略である。
これに関しては、正しい答えだろう。

素材が革製のジャンパーを、革ジャンと言うのだ。

ライダース?レザージャケット?

レザーのアウターと言えば、ライダース。
ライダース意外にも、レザーアウターはたくさんある。
渋いおじいさんが着てるような、レザーのテーラードとか。
これは、革ジャンやライダースと言うより、レザージャケットがしっくりくる。

挙げるときりがないくらい、レザーアウターがあるわけです。

これらの総称を、革ジャンと言うのならわかる。
レザーアウター全てひっくるめて革ジャンなのなら。
レザーアウター=革ジャン。

しかし、ライダースのだけことを革ジャンと言うのなら、僕にはよくわからない。
ライダースを革ジャンと言う人は、多いと思う。
ライダースが革ジャン。
間違いなく革のジャンパーではあるが、何だかしっくりこない。

死語

革ジャンという単語だけに限らず、ジャンパーと言う単語も使わなくなってきている。「革ジャン」は死語なのではないかと。
Gジャンは耳にしたり会話の中で使っても、革ジャンは聞くこともなければ言うこともない。

大学生くらいの子と会話すると、Gジャンも古臭いと言われた。
デニムジャケットだそうです。
まぁ、確かにそのほうが今っぽい。

死語とまでいかなくても、使う人が減ってるのは確かだろう。

まとめ

僕の中では、革ジャンはレザーアウター全般を指す。
革のジャンパー全てが、革ジャン。

ライダースだけを革ジャンと言う人も多いだろう。
間違いではないはずだが、僕は違和感を覚えた。

ライダースはライダース。
それ以外のレザーアウターは、レザージャケット。
僕はそんな感じに使ってます。

スポンサードリンク