「着せられた」個性派ファッションは量産型と何も変わらない。

僕の考え

個性派ファッション。
それは、何だかファッション上級者な感じ。
僕の考えとしては、量産型ファッションと、さほど変わらない。

派手な服を、ただ着るだけ。
問題は、それが似合ってるかどうかなのだ。

個性派ファッションとは

個性派ファッションと言うと、奇抜で、普通とは違ったファッション。
ファッション上級者な感じである。

僕は、奇抜なデザインの服を着るだけが、個性派ファッションだとは思わない。
ただ着るだけなら、誰でもできるのだから。

こんな話をするのは、個性派を勘違いした人を見かけたからだ。

着せられた個性派ファッション

コンビニで、一際目立つ男性がいた。
僕には、魔術師のコスプレにしか見えなかった。
コスプレまがいの個性派ファッションとでも言うべきか。

着せられた感満載なわけだ。
着せられた個性派ファッションを、個性派と言えるのか。
何かのマネをしただけのようにも見えるし、とりあえず奇抜な服を選んだだけのようにも見える。
量産型ファッションと何も変わらない訳だ。

都会でもないところのコンビニで、そんなぶっ飛んだファッションすれば、悪目立ちもいいところ。
だからこそ、見てしまった。

似合う服を選ぶセンスや、コーディネートが付いていかないと、こうなってしまうのだ。
何より、TPOである。

派手な服を着ることが個性派

ここで、僕が考える個性派について一つ。

僕は、奇抜なデザインの服を着ることだけが、個性派ファッションだとは思っていない。
無地のTシャツ一枚であったって、色、サイズ、自分に似合うのを徹底する。
それだけでも、十分に自分らしさが際立つと考えている。
普通だけど、普通とは少し違う。
僕は、デザインより“似合う似合わない”で、個性を見出している。

どれだけシンプルな似合う服を着たって、一般的には、個性派ファッションとは言わないだろう。
しかし、自分らしさを出したいからと言って、ブランドのデザインに全てを任せるのも、どうかと思った。

最後に

それにしても、衝撃的なファッションをする男性だった。

オタクっぽい感じだったから、キャラクターのコスプレだったのか…。
学生時代に、セフィロス(ファイナルファンタジーのキャラクター)みたいな服装がしたいと、本気で語る男がいたっけ。
真っ黒で、フリンジをひらひらさせる男だった。
その姿で、大学に来る。
自由ではあるが、少し場所を選ぶべきではないかと。

ファッションを何か間違えているというか。
間違いも正解もないのだろうけど。
コスプレとファッションは、別として考えるべきですね。
これを一緒にしてしまったのが、着せられた個性派ファッションに見えるということだ。