最近の僕の「黒に青」なファッションについて

僕のファッション

10代の頃から、黒と青のファッションが多かった。
自分の一つのスタイルと言えるくらいの着こなしである。

最近は今までとは少し違う、黒と青を取り入れている。
僕の黒と青のファッションについて。

今までの黒と青

冒頭に書いた通り、10代の頃から青と黒のファッションが多い。
過去の記事でも、よく書いてたと思う。

10代の頃は、黒の羽織りとパンツに、インナーが青。
よく話題に出してた黒のカーディガンが好きだった時期で、マーチンの14ホールを履いてた頃。
僕の中では、割とお洒落っぽい服装だった。

インナーを差し色にするのがお洒落だったと思う。
赤を入れる人もいたし。
今は、それほどお洒落にも思わないけど。
これも一つのトレンドだったのかな。

最近の黒と青

最近はと言うと、前より青の割合が少ない。

黒Tで言えば、少し青の文字が入ってたり。
黒地に、シンプルな青のプリント。
これが最近のお気に入り。

学生の頃だと、真っ青のTシャツとか着てたけど。
青いカーディガンも着てたかな。
今はそこまで青はいらない。
と言うより、似合わない。
真っ青のジップパーカーを持ってるけれど、今の僕が着るとダサい。

今の僕には、ほんの少しの青がいいようだ。

黒に青はありきたり?

割とありきたりなファッションだと思う。
黒の服装に、青を差す着こなしは。

学生の頃の僕のように、インナーで差し色みたいなのは、もうお洒落でも何でもない。
今となっては、ありきたり。
ダサくはないにしても、これなら真っ黒でいいかなと思う。

赤だとか黄色を着こなすより簡単だから、初心者向けと言うのか、何と言うか。
僕自身、青はそこまでお洒落だと思ってない。
好きではあるけど。
赤だとか黄色、オレンジなどを着こなしてるほうが、カッコいい。

最後に

10年近くしてる服装だからか、馴染むと言うか、しっくりくると言うのか。
この服装の時は、絶対にブーツ。
真夏だろうと何だろうと。
14ホールは、さすがに履けないけど。
もちろん、ブーツインで。

自分で「自分っぽい」と思える服装も大事。
周りの反応が違っても、これがこだわりなら気にする必要はない。

ここ数年は真っ黒が多かったけど、少し色が入ってるほうが自分っぽい。
黒の中にある、青が好き。

スポンサードリンク