2018年秋冬の黒スキニー。定番?トレンド?もうダサい!?

パンツ

トレンドスタイルに、長きに渡って取り入れられている黒スキニー。
その時代はいつまで続くのか?

もうダサい可能性も…!?

2018年秋からの黒スキニーについて、考えてみた。

今の黒スキニーな服装


男女問わず、こんな服装が、若者に人気。
さすがに、最先端とはいえないものの、今っぽさを感じられるトレンドスタイルだ。

しかし!
黒スキニーは、今もトレンドといっていいのか?
今っぽいとはいえ、トレンドは終わってる?

黒スキニーは今もトレンドなのか

確かに黒スキニーを取り入れれば、服装は今っぽいトレンドスタイルとなる。
しかし、パンツのトレンドとして考えると、どうだろうか。

さすがにもう黒スキニーがトレンドだとは言えないだろう。
パンツのトレンドは、少しずつ太めのパンツへと移行した。

ワイドパンツやアンクル丈でカジュアルに穿けるスラックスなんかがパンツのトレンドといえるだろう。

では、黒スキニーはパンツの定番となったのか。

定番シルエットはスキニーではない!

「黒スキニーは、もはや定番!」という人がいるが、僕の考えは違う。

パンツの定番シルエットはテーパード。
ブログ開設当初のおよそ5年前にも、こんなことを書いた。
デニム、チノパン、スラックス、どれもスキニーほど細くないテーパードであれば、トレンドに左右されない。

黒スキニーはMA-1のように、若者の定番から消えていくことだって考えられる。
個人の定番服とはいえても、ジーンズやチノパンと同じような定番とは言い難いだろう。

黒スキニーはダサい?

お洒落大学生の中では、もはや定番ともいえる黒スキニーだが、ダサいと言われる日はくるのだろうか。

イラストのようなビッグシルエットのトップスに黒スキニーを合わせるスタイル。
これは一時的なトレンドであって、いずれ、ダサいといわれる可能性が十分にあると考える。

ベージックな白シャツや今時期であればポロシャツ、テーラードジャケットを合わせるような服装であれば、黒スキニーはトレンドに関係なく穿けるのではないだろうか。

黒スキニー自体ではなく、服装によって、これからの黒スキニーのダサいダサくないが決まると考えた。
前者のような服装であれば、いずれ「まだ黒スキニー穿いてんのー?」なんて言われる時代もくるかもしれない。

最後に

黒スキニーはまだまだトレンドスタイルに組み込める。
しかし、穿いてるお洒落さんを前ほど見かけなくなった事実もある。

黒スキニーはノークッションで穿くっていうのがお決まりであったけど、個人的にはどうなのかなって思う。
若者に人気のショップの黒スキニーは、だいたい裾が短い。
このお決まりがダサくなる日もくると、僕は考えている。

そろそろ、極端に細くて、裾が短いノークッションで穿くような黒スキニーは新調しないほうがいいかもしれませんね。
もちろん、似合う人は穿き続けるべきですが、とりあえず流行ってるからって理由で買う人は。

スポンサードリンク