長袖のオープンカラーシャツってダサい?

○○ってダサい?

その人気から、春や秋には長袖仕様が出る、オープンカラーシャツ。
しかし、僕は半袖で夏に着るからこその、オープンカラーシャツだとも思う。

春や秋に着る、長袖のオープンカラーシャツはダサいか。

長袖のオープンカラーシャツの服装


半袖のイメージが強いオープンカラーシャツであるが、最近は長袖仕様もある。
トレンド物を扱うお店には、だいたい置いてあったりする。

トレンドなのは、半袖のオープンカラーシャツだけでなく、長袖の人気も同じ。
トレンドなのだから、ダサいわけがない。

長袖だからダサいわけではない!

長袖のオープンカラーシャツがダサいとは思いません。

しかし、いくら流行ってるからといって、夏は半袖のオープンカラーシャツ着て、秋は長袖のオープンカラーシャツ着てって…。
そんなにオープンカラーシャツを着なくてもいいんじゃないかなと。
半袖であろうと長袖であろうと、オープンカラーシャツであることは変わりない。

普通のシャツならまだしも、特徴があり、さらにトレンドであるオープンカラーシャツを、夏も秋も着てるとなると、何だかダサい。
長袖のオープンカラーシャツがダサいというわけではなく、オープンカラーシャツばかり着てるようで、ダサいということだ。

オープンカラーシャツは夏に着るもの?

同じ開襟である、キューバシャツだって、夏に着るシャツですね。
キューバシャツも、オープンカラーシャツの人気からから、去年、長袖仕様のものを見かけた。

長袖でもいいとは思うが、半袖だけで十分に思っちゃうんですよね。
やっぱり、開襟シャツは、夏に着るイメージが強い。
もちろん、半袖。
トレンドであり、売れるからメーカーも長袖仕様を出すんだろうけど。

夏のイメージのシャツを、秋に着る必要はあるのかというのが、僕の考えだ。

最後に

僕の考えとしては、長袖のオープンカラーシャツは必要ない。
ダサいとは思わないが、半袖を夏に着るだけでいい。

一般的には、長袖のオープンカラーシャツは、お洒落アイテムです。
今期のユニクロUでも、良さそうな長袖のオープンカラーシャツがリリースされてます。

普通の長袖シャツより、カジュアル今っぽくお洒落ではあるが、僕は夏に半袖を着るだけで十分ということでした。

スポンサードリンク