【2020年】古臭くダサく思う服装はオールブラックに真っ赤なスニーカー

ダサい服装

「今、これだと古臭い上にダサいな」と思った服装。

服装は真っ黒で、靴が真っ赤。

一時期よく見かけた服装は、今では何だか古臭くダサい。
田舎くさささえ感じる、時代遅れな服装かもしれない。

ダサい服装などない

このカテゴリーの記事を書くのは、去年の3月以来。
特別「この服装がダサい」と思うことがない。
「似合ってれば、それが好きなら、ダサいなんてことはない」という考えになった。
「ダサい」なんて気にすることがないのだ。

しかし、久々に「こんな服装流行ったような…」と思い出すことがあった。
それが、タイトルにある、オールブラックの服装に真っ赤な靴を合わせた服装だ。
僕の好みもあるのだが、「これだけはないな…」と、当時から思ってた。

この服装のダサさとは

「赤が差し色になってお洒落!」な感じもするが、そうではない。
なぜだか古臭く感じ、そしてダサい。

この服装のダサさとは、厳つさや、郊外のDQNっぽさにある。
やんちゃな感じで、良くない言い方をすれば、頭の悪そうな感じ。
それも、数年前のタイプ。
そこまで前ではないのに、時代を感じるのだ。

さらに昔の話をすれば「ティンバーランドはダサい」とイメージ付けてしまったような服装と同じ類。
ティンバーランド履いて、オーバーサイズのベージュのチノや濃紺のデニムを腰パンして。
僕の周りには、こんな人がいたくらい。
DQNっぽい服装に憧れてティンバーランドを買う友人の話
ティンバーランドのブーツ自体はお洒落で、決して、ダサくない。
【2020年版】ティンバーランドは本当にダサいのか。時代は変わった

こういった、厳ついDQNタイプの服装は、今でもダサいと思う。
これが好きで、似合うのなら、それはお洒落なのかもしれないが。
僕の友人のようなDQNっぽさを求めたり、「厳つく見られたい」のような考えがあればダサい。
それは、服装にも表れるのだ。

真っ赤な靴はダサいのか

真っ赤な靴で思い出すのは、ティンバーランドのブーツ。
赤のティンバーランドってダサい?
靴自体がダサいわけではない。
ティンバーランドだけど、ティンバーランドじゃないみたいな。
邪道。
スニーカーだと、ナイキのよくわからないモデルとか。

着こなし次第である
厳つい感じにもっていってしまえば、ダサいと思っている。
お洒落に履きこなすのは、なかなか難しいような…。
僕には無理だ。

最後に

ダサい服装など存在しない。
好きな服、似合う服に、こだわりを持って着ている。
最高のお洒落で、ファッションを楽しんでいる。

しかし、そうではない、流行ってるだけの服装。
僕は、これをお洒落だけどダサいと、よく言ってる。
しかも、今回の場合は、過去の流行りである。
ダサいだけになる。

好きな服が、トレンドとなり、量産型大学生に使いまわされることもある。
そんなときは、量産型に見られない着こなしをする。
「俺は違うんだ」と。
今回のこの服装も、本当に好きなら、古臭くダサく見せない着こなしができるはず。

…なんて言ってみたものの、マーチンの3ホールは、どうにもならないかな。
僕は手放した。

スポンサードリンク