捲りすぎ注意!長袖を半袖くらいまで捲ってダサい服装に

ダサい服装

長袖を着てきたけど、暑いから半袖になるくらいまで捲ってしまう…。
それはもはや腕まくりではなく、ただただダサい!

袖は捲らずに、七分袖や薄めのカーディガンで、温度調整を!

袖を捲りすぎな服装


中学生くらいのとき、パーカーの袖をこのくらい捲って着てた記憶がある。
そんな当時の僕の服装を思い出して、描いてみた。

お洒落ではなく、普通なようで普通じゃない。
原因は、このやりすぎな腕まくりだ。

腕まくりしなければ普通の服装なのに、度の過ぎた腕まくりのせいで、ダサくなってしまってる。
大人がこんな腕まくりをすれば、変に子供っぽさが出てしまうはずだ。

捲りすぎの腕まくりをしてしまう人は、ファッションに疎い人だと思う。
わからないからこそ、捲りすぎてしまう。

そこで、僕が考える、季節の変わり目にぴったりで、温度調整のしやすい服を挙げる。

インナーを七分袖にして、暑いときは脱ぐ!

季節の変わり目は、何を着ればいいかわからない。
「パーカー着てみたけど、少し暑い。袖まくろ!」って感じに、イラストのような服装が完成してしまう。

こんな時に活躍するのが、七分袖だったりする!
いつもは、ダサいと書いてる七分袖シャツも、こんな季節にはぴったりだ。

パーカーのインナーを七分袖にしておけば、パーカーを脱げる。
こんな腕まくりをしてしまう理由は、インナーが半袖で、脱くと涼しいからのはず。

脱ぎたくないって人には、薄めのカーディガンがいい。

薄めのカーディガンが温度調整しやすい

季節の変わり目にぴったりな服は、薄めのカーディガン!
パーカーを着るのは、もう少し涼しくなってからだ。

麻100%だと、肌寒く感じるので、綿やポリエステルなどの素材を選ぶのがいいだろう。

シャツでもいいものの、合わせやすさを考えると、カーディガンのほうが良い。
カーディガンであれば、インナーをシャツにすることもできる。

最後に

自分の過去をネタにしてみた。
まだまだお洒落なんてわからなくて、カーディガンなんて着こなせなかった。
七分袖も知らなかったはず。

仕方ないと言ってしまえばそれまでだが、この腕まくりは結構マズい。
お洒落を知る必要はないが、温度調整の仕方をわかってると、こんなダサい服装になることはない。
季節違いの服装は、どんな服装よりもダサいのだ。

スポンサードリンク