これがモダンDQN!現代の田舎のDQNファッション。

ダサい服装

おしゃれのトレンドが変わるように、田舎のDQNの服装も変わりつつある。
それは、絶対にマネしてはいけない、だらしなくダサい、田舎者丸出しな服装だ。

これが現代のDQNファッション


こんな感じに、MA-1を、だらしなく着こなすのが、最近の田舎のDQNのファッション。
カーキのMA-1に、グレーのスウェット、そして、イエローヌバックのティンバーランド。

こんな服装を、“モダンDQNファッション”と、勝手に名付けた。

ティンバーランドのブーツを、だらしなく履きこなすのは、今も昔も変わらない。言ってしまえば、定番だ。

そして、田舎のDQNが着るMA-1には、特徴がある。

カーキのペラペラMA-1は欠かせない

田舎のDQNが着るMA-1は、基本的にペラペラ


ユニクロのは、中綿が入ってふわふわだけど、表地がペラペラだから、ふわふわしている。
「ユニクロのMA-1がかなりいい」なんて、記事を書いたけど、今となると、「うーん…」。カーキ以外のカラーなら、防寒着としてOK。

だらしない部屋着のような服装に、ペラペラのカーキMA-1を羽織ることにより、モダンDQNファッションが完成する。

田舎のDQNと差別化を図るためにも、MA-1は、表地にハリと少しの光沢がある、しっかりとしたナイロン地のものを選ぼう。

最後に

僕が考える、ダサい服装とは、この田舎のDQNファッションと、脱オタクファッション。

ポイントは、おしゃれしようとしてるのに、間違った方向にいってるところ。
ファッションに正解なんてないんだろうけど、こればっかりは、不正解。

服に無頓着な人の服装を、ダサいと、言うのは間違っている。

スポンサードリンク