最近の学生っぽいモノトーンな服装と自分らしさについて。

ファッションについて

モノトーンの服装が好き。
でも、こんな服装はしたくない。

その服装は、今っぽさがあり、お洒落ではあるが。
僕がしたい服装は、トレンドのお洒落であるかどうかではない。

お洒落だけどしたくない服装


コーチジャケット、白T、黒スキニー。
ここ数年、どこへ行っても見かけるような服装。

色合いで言えば、好きな服装。
それでも、こんな服装をしたくないと思うのは、してる人が多すぎるから。
コーチジャケット自体が、あまり好きではないというのもある。

無難であるから、真似がしやすいトレンドの服装なのだと思う。
しかし、誰でも似合う服装ではないように思う。

合わせやすいけど似合わない

似合ってないモノトーンやオールブラックの服装はダサい。
僕も何回も失敗してる。

「黒スキニーは何にでも合う、万能パンツ!」みたいなファッション指南を見かける。
確かに何にでも合うが、誰にでも合うパンツではないように思う。
似合う人は、少数なのではないかと。

いくら、トレンドの服装をしようとも、似合ってなければ何の意味もない。
似合ってない服装がダサいなんてことは、言うまでもない。

自分らしさとは

最近の大学生ファッションに欠けているのは、自分らしさだ。
僕が学生の頃も、デニムシャツとベージュのチノパンが量産型だとか言われていた。
いつの時代も、お洒落大学生の服装は同じような感じ。

誰かの真似をすればするほどに、自分らしさは削られていく。
誰かになろうとするのではなく、自分らしさを磨くことがファッションであると思う。
僕はこうやってファッションを楽しんでいる。

周りと馴染みたい、友達にダサいと思われたくない、女子ウケを狙う。
そんな人には、量産型と言われるような服装は、うってつけだろう。

最後に

個人の好みにより「この服はダサい、それはダサい」なんていうのがあると思う。
僕ももちろんあるが、何よりもダサいと思うのが、似合ってないトレンドの服装だ。

個性派の服装がお洒落というわけではない。
無難であっても、似合う服。
ビッグシルエットよりジャストサイズが似合うかもしれない。
黒スキニーよりテーパードのジーンズが似合うかもしれない。

最近の大学生の中には「ジーンズはダサい」みたいな考えもあるみたい。
これも時代なのか。

スポンサードリンク