【真っ黒は無頓着?】黒い僕は無頓着。ダサいオールブラックとは

ダサい服装, 僕のファッション

服を選ぶのが、面倒くさい。
だから、とりあえず、黒を買う。

真っ黒なら、何とかそれっぽくなる。
オールブラックが好きなわけではない。
似合ってるわけでもない。

無頓着な真っ黒はダサい。

ずっと黒だった

ここ2年くらいのこと。
ずっと真っ黒だった。

買うのもそう。
無条件で、黒。
「とりあえず、黒買っておけばいいや」みたいな。

本当に黒が好きなら、それでいい。
でも、僕は違った。
「違ったんだな」と、最近気づいた。

黒へ逃げる

僕が、オールブラックの服装をするときは、だいたい無頓着。
好きでもなければ、こだわりもない。

「なんかもう面倒くさいから、普通っぽい服装しておこう」みたいなときに、手を出すのが黒やグレー。
「自分の好きな服を着て、お洒落をする、ファッションを楽しむ」となると、これらの服は出てこない。

お洒落をすることから逃げるのが、僕のオールブラック。

“お洒落をすること”に無頓着

服っていう物自体は大好き。
それだけは変わらない。
だから、服は買う。

でも、“お洒落をする”ってことには、無頓着になりがち。
「お洒落に見られたい!」とか。
「周りとの差をつけたい!」みたいなのはない。
好きな服を着てる時も、こんな気持ちはないが。

服は好きなんだけど、黒のときは、お洒落をすることは放棄してしまっている。
僕のオールブラックは、お洒落ではない。

本当に好きな黒

とは言っても、好きな黒の服はある。

デニムは、黒が好き。
Gジャンとかより、パンツ。
色落ちしたブラックデニム。
Tシャツも黒。
シャツも、黒のオンブレチェック。
靴も黒。

あれ、意外と出てくる、黒。
結局、オールブラック?
いや、無頓着なオールブラックのときは、こういった“好き”も放棄。
好きな黒の服であり、これらで無頓着なオールブラックの服装をすることはない。

最後に

ファッションに無頓着な人の服装をダサいと言うのも、おかしな話なんだけど。
僕がこうだったという話。
黒で好きな服もあるけれど、何でもかんでも黒にしてたのは、面倒だったから、無頓着になってたから。
それでも、服は好きで、ファッションは楽しんでた。

お洒落してない感じの服装も、好きだったりするんで。
何てことない感じ。
でも、こういった服自体がかっこいいとは思わない。
これとは別に、さっき挙げたような、かっこいいと思う好きな服がある感じ。

「お洒落したくない」という気持ちが、どこかにある。
気合い入ってる感じが、好きではないというか。

…上手くまとまらないな、なんか。

スポンサードリンク