学生の頃着てた光沢のあるテーラードジャケットがダサかった

ダサい服装

学生の頃の服装を思い出すと、ダサい服装がいくつもある。
その中に、光沢のあるテーラードジャケットがあった。

品質が悪い上に、「なんでこれ買ったの?」なデザインだった。

テーラードジャケットの服装


服装自体は、ザ・普通なテーラードジャケットの服装だったような。
18歳の頃のことで、18歳でこんな服装であれば、まぁお洒落!

イラストで再現すれば、お洒落な服装なんです。
しかし、実際はそうではなく。

このテーラードジャケットは、くせ者だったのだ。
そんな、ダサいテーラードジャケットとは?

安っぽい光沢のテーラードジャケット

何がダサかったのかというと、生地に光沢があったから。
そして、その光沢が何とも安っぽい。

光沢のある服の売り文句に「高級感があり~」なんて使われることがあるが、これは光沢感により安っぽさが増していた。
安っぽい光沢のある服なんて、もうそれだけでダサい。
コーディネートが、どうこうの問題ではないのだ。

襟もとに、合皮の装飾が付いてたり…(笑)
今だったら、絶対に選ばないデザインなんです。

安い粗悪品だった

安いものなのだから、安っぽいのは当然。
しかし、品質が最悪で、粗悪品と言えるほどのものだったと記憶している。

合皮自体の品質も今のように高くなく、すぐにペラペラと剥がれたり。
生地はペラペラだったけど、裏地は付いてたような。

ノーブランドの安い服がダサいという訳ではなく。
安い服の中でも、品質の良いものもあれば、悪いものもある。
あれは、粗悪品だった。
今は、安い服でも、それなりの品質を保ってますね。

最後に

大学生の頃は高校生の頃より、ダサい服装をしている。
高校生の頃は、なぜか、スタイルが定まっていたりする。
色々な人から影響を受けて、色々な服装に挑戦して、試行錯誤しているからだろう。
大して好きでもない芸能人の服装を真似したりもしていた(笑)

しかし、今回のはそういう問題ではない。
なぜ、こんなにも品質の悪いものを買ったのか。
ネットのよくわからないショップで買ったんだったかな。

学生の頃は、安い粗悪品も買ってれば、無駄に高い服も買ってる。
ゾゾタウンの注文履歴を見ると、「なんで、こんなの買ったんだろう」っていう服が、あまりにも多すぎる!
注文履歴を見ると、当時していた服装なんかを思い出せて、面白いです。

スポンサードリンク