見た目がダウンジャケットでも中綿がダウンじゃないと…

アウター

見た目がダウンジャケットであっても、実際はダウンジャケットとは言わないものがある。
ダウンジャケットであるかどうかは、デザインではなく、中綿によって決まる。

見た目はダウンジャケットだけど?

ダウンジャケットといえば、ベーシックなものだと、ふっくらとして、ぎっしりと中綿が入ったアウター。
暖かそうなやつですね。
この見た目だけで、ダウンジャケットと判断するのは、間違ってるのです。

冒頭に書いたとおり、ダウンジャケットであるかどうかは、デザインではなく、中綿がダウンであるかどうかによって決まる。
ダウンでなければ、ダウンジャケットではなく、僕は中綿ジャケットと言っている。正式な名称ではないでしょう。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ!」という人もいるだろうけど、僕の周りでは、あやふやになってる人が多かった。

僕自身が、見た目はダウンジャケットであるが、中綿がポリエステルのアウターを持ってる。
それを着てると知人に「そのダウンいいね!」と、言われる。
これは当たり前のことで、見た目では中綿がダウンであるかどうかは、判断できないのだ。

ダウンではなくポリエステルと聞くと、ただの安物のように思えてしまうが、ポリエステルであるメリットもある。

中綿がポリエステルの良い点

中綿がポリエステルのものだと、洗濯機で丸洗いできてしまう。
もちろん、そのアウターによるが、僕が持ってるものは表地も裏地も全てポリエステルなので、洗濯機で洗っても何も問題なし!
自宅で気軽に洗えるアウターは、僕にとってはとても魅力的。
本革のライダースやウールのメルトンコートだって、気軽に洗濯機で洗うことなんてできないですよね。

あとは、ダウンだと抜け出してくることがある。
僕が過去に持ってたダウンジャケットも、だいたい、抜けが発生していた。
ナノユニバース×西川のダウンジャケットは、抜けが少なかったような。

この2つが嫌で、僕はもう何年もダウンジャケットを買ってない。
手洗いでないといけない服とか、もう面倒で…(笑)
ニットも素材で選んで買ってます。

保温性には欠けるので、足りない場合は、サーモライトやシンサレートなど、機能素材を視野に入れるといいです。

これってダサい?

見た目がダウンジャケットで、中綿がポリエステルのアウターはダサいのか。

こういったアウターは、安価なものが多い。
安く売るために、中綿をポリエステルにしているからだ。

見た目が明らかに安っぽかったら、ダサいかもしれない。
しかし、中綿がポリエステルだからダサいということは、まずない。
見た目ではわからなく、品質表示を見ないとわからないからだ。

最後に

フリマアプリなんかを見ると、稀に中綿ジャケットがダウンジャケットとして売られている。
これは、騙しているわけではなく、出品者は本当にダウンジャケットだと思っているから。

服の品質表示は見るようにしたほうがいいです。

スポンサードリンク