結局オールブラックなのか?僕が好きな真っ黒は何てことのない服

僕のファッション

色が薄めのGジャンを着てみたり、チェックシャツを着てみたり。
ここ最近は僕にしては、色味を取り入れていた。

久々にオールブラックにすると、しっくりくる。
服自体は何てことないのに。

オールブラックに飽きる

よく「オールブラックはすぐ飽きる」なんてことを書いてた。
冬のオールブラックについて。また来た「飽き」と真っ黒大学生たち
グレーを入れたりしてみるも、そこまでだったり。

黒自体に飽きてきて、冒頭に書いたような服を着てたのが最近。
パンツもジーンズだったり。
古着っぽさを意識してみたり。

あれだけ、真っ黒だったのに、「黒はもういいかな」みたいな感じに。

飽きたのはキレイ目

僕のオールブラックの服装は、キレイ目だったりモードっぽかったり。
と言うのも、好きな服が、黒シャツだったり黒いカーディガンだから。
これらで、オールブラックとなると、どうしても、キレイ目やモードに寄っていく。
寄せてた時期もある。

飽きたのは、こういったオールブラック。
似合ってるとも思えない。
歳をとってカーディガンが明らかに似合わなくなった!

似合ってない服は、当然、好きにはなれない。
最近しっくりくるのは、これらではないオールブラック。

何てことの真っ黒

何てことのオールブラックの服装が好き。
無地の黒Tとか。
Uネックで。
僕が、変わらず、ずっと好きな服って、Uネック無地Tくらいで。
スウェットとかも、緩くなってるほうがいい。

これに、何てことのないパンツを合わせるだけ。
細いのから太いのまで揃えておいて。

あとは、靴とかアクセサリーのバリエーションを増やすだけ。

最近は、こんな感じ。
“何てことのない”とは言っても、Uネックでないとダメだし、サイズもオーバーサイズでもタイト過ぎてもダメ。
こだわりを捨てたわけではない。

最後に

モードっぽい感じとか、もうなんか、そんなお洒落じゃなくていい。
お洒落っぽい服装が好きではない。

何てことのない服、服装でも、こだわりがあり、それが好きならそれでいい。

スポンサードリンク