ネックレスをつけると変にダサくなる!ダサいチャラさとは

僕のファッション

アクセサリーは、付け方やモノによっては、チャラチャラした印象を受けるだろう。

この印象の中でも、ダサさを感じるものがある。
最近、ネックレスをつけると、そのダサさを感じた。

「チャラい」も悪くない?

少し前に、こんな記事を書いた。
「似合う服はある程度チャラく見える」について。「チャラい」はダサい?
今でも、多少のチャラさは必要だと考えている。
地味な印象になる服装は似合ってない、ダサい。
あくまでも、自分の服やら何やらを選ぶ上でだけど。

なので、アクセサリーも付けることが多い。
最近はブレスレットが好き、シルバーもレザーも。
10代の頃から、ネックレス、ブレスレット、リングは付けてた。

しかし、最近はネックレスだけ付けてない。
何か違う。
タイトル通りである。

ダサいチャラさとは

ダサさを感じるくらいなので、当然、お洒落ではない。
一番感じるのが、古臭さ。
そして、それが似合ってないから、さらにダサい。

UネックのTシャツに、ジャストサイズのGジャンを着たときも、この感じになった。
何年も前のチャラ男みたいな。
チャラ男って、死語かな。

モノによるんだろうけど、ネックレスはなし。
他のアクセサリーほど欲しいとも思わないし、そこまで好きではないのかも。

ダサいネックレスの合わせ方

僕が学生の頃よくやってたのは、深めのVネック着て、ネックレス。
ダサいチャラさ。
あの頃はまだ良かったけど、今はさすがにダサいかな。

「ネックレス付けるなら、首元開いた服」みたいな考えがあった。
シャツ着るときも、胸元開けて。

今ネックレスを付けるならクルーネックなんだけど、それでもどこか変なチャラさを感じる。
僕の場合は、単純に似合ってないのだろう。

最後に

モノと合わせ方次第なんだろうけど、今はいらないかな。
最近好んで着てるような服には、あまり必要ない気もする。

あとは、やはり、学生の頃ほど似合ってない。
「若い頃は似合ってたけど、今は何かダサい」っていう服が、ここ数年で増えた。
もう年なんだな。
服の似合う似合わないで、年齢を感じる。

スポンサードリンク