「いつも同じような服を買ってしまう」←それでいい!

特集

「いつも同じよう服買っちゃうんだよねー!たまには、違う感じのを…!」

…いや、それでいいんです!
それが、あなたです。

トレンドに流されるな。
自分を見失うな。


“同じような服ばかり”はダサい?

同じような服ばかり買ってしまう。
結果として、毎日、同じような服装。

これって、ダサいこと?
いやいや、僕としては、次から次へと、トレンドの服に乗り換えてるほうがダサい。
トレンドを取り入れるだけなら、誰でも簡単にできてしまう。
だからこそ、手っ取り早く、薄っぺらく見えるのが量産型ファッションなのです。

好きな服、似合う服を、こだわりを持って着ることが、お洒落である。
あくまでも、僕の考えですが。
こういった、こだわりは重要であると考えてます。

こだわりがあるからこそ!

何らかのこだわりがあるからこそ、同じような服ばかり買うわけですね。
いいじゃないですか!
ファッションにこだわりがあるのは。

量産型みたいなのが、こだわりって言うのは、ちょっと違って。
夏であれば「長いタンクトップレイヤードするのがこだわり!」なんて言われても、しっくりこないわけです。
ファッションインフルエンサーだかの真似をしてるようにしか見えない。

夏休みの時期になると、そういう服装を人を、よく目にするようになる。
明らかにマネだけしたような服装を。

僕は同じような服ばかり買う

僕は同じような服ばかり買います。
全く同じ服を何着も買うなんてこともある。

周りから見れば、僕は同じ服ばかり着てるダサい人かもしれない。
僕の考えとしては、これでいい。

次から次へと、トレンドの服に乗り換える人のほうが、見た感じは断然お洒落なわけですが。

本当にダサいのはどっちかって話です。
今っぽさは必要ですが、自分のない服装には魅力を感じない。
トレンドの服装だとしても、僕にはダサく見えてしまう。

最後に

白T何枚でも欲しいわー!
黒スキニー何本あっても足りない!

この、こだわりはちょっと違う。
こだわりだとしても、大学生の量産型ファッションとなってしまった以上、こだわりには見えない。

僕も7,8年前は、白Tに黒いパンツが自分のこだわりであった。
自分の夏の定番。
最近のトレンドになってから、やめましたよ。
無難が好きだけど、量産された服装は嫌いです。

スポンサードリンク