アロハシャツ着てオラオラしたいだけの夏の服装

ファッションについて ,

明らかに、強がってる。
いかつく見せたいんだろうな…。
そう思ってしまう服装をする人がいる。

アロハシャツで、そんな服装をする人が、目についた夏。
強がっただけの服装より、ダサいものはない。

お洒落だけど…

アロハシャツはお洒落。
ちゃんと着れば。

最近さ、変な着方してる人多くない?
ファッションは、自由だと思うけど。
それにしても、おかしい言うのか、違和感。

アロハシャツがどうこうと言うよりかは、服装で強がりたいだけの人について。
いかつく見せたいだけの人が、着てるのが目立った夏だった。

強がるためだけの服

こういったファッションが嫌いだ。
ダサい服装があるとすればこれ。
服装がダサいのではなく、考え方がダサい。

服なんて、大して好きじゃないんだろうな。
ファッションなんて、趣味でも何でもない人。
パッと見た感じで、わかってしまうのが、こういうタイプ。

ただ強がりたいだけ。
いかつい車乗って、いきがってる人間と同じ。
ダサくないわけがない。

強がりかセンスか

強がりファッションがダサいと思うようになったのには、ちょっとしたエピソードがある。

学生時代の友人で、オタクっぽい雰囲気の友人がいた。
彼は、急に「DQNっぽい服装したい」>なんてことを言い出す。
これが、彼のファッションセンスみたいなものなのか。
それとも、強がってみたのか。
当時の“The・DQNアイテム”である、ティンバーランドのブーツを買って、履いてた。
合わせ方もめちゃくちゃで、正直、ダサかった。

実際のところはわからないが、多少の強がりはあったと思う。
「なめられたくない」みたいな。
そういうところが見えてしまうと、ダサい。
何より、彼は当時、26歳。
人間的にダサい男だった。

最後に

あれがダサい、これがダサいと言ってたこともあるけど。
今ダサいと思うファッションは、これくらい。

こんなことは、本人の自由だと、わかってはいる。
それでも、これだけはダサいと思ってしまう。
そこに強がりがあれば、もはや、ファッションでも何でもない。

「なめられたくない」っていうのも、わからなくないけど。
10代までにしたいところ。

スポンサードリンク