「落ち着く服装」と「落ち着かない服装」。似合う服が落ち着くのか

僕のファッション

落ち着く服装と、そうでない服装があります。
僕にはあるんです。
「思い出が詰まってて心が落ち着く」ってことではなく。

その違いと、どういうことなのかを書きたいと思う。

落ち着く服装

何なのかと言えば、今の自分にしっくりくる服装。

似合う似合わないはもちろん、その時の気分なんかも。
上手く言えないが、しっくりくる服装で出掛ければ、気分もいい。
それが、落ち着く服装。

「毎日のように着てる服だから、落ち着く」ってことではない。
僕の言うこれは、買ったばかりの服でも、落ち着く。
着心地とかとは、また別の話。
僕が重視する、似合う似合わないの話である。

落ち着かない服装

僕にとっての、落ち着かない服装とは。

例えば、オールブラックの服装。
ついこの間までは、落ち着く服装だった。
ほぼ毎日真っ黒だった。
最近は本当に落ち着かない。

気分の問題もあるし、好みも変わった。
真っ黒は目立つんです。
どちらかというと、悪目立ち。
目につくんです。

それが、今の僕が求める服装とは違うことに気付く。
落ち着かなくなるわけです。
落ち着かない服装で買い物なんかに行こうものなら、もう挙動不審(笑)

「好きな服を着る」でいい。
しかし、大前提として似合う似合わないがある。
好きな服であっても、落ち着かない服であってはいけないのだ。

人それぞれの落ち着く

田舎で見るような、イキってるだけのストリートファッション。
量産型と言われるような、大学生ファッション。

どちらも、似合ってない人が多いファッションであるように思う。
本人たちは、しっくりきてるはず。
落ち着く服装なんだと思う。
僕の言う、落ち着く落ち着かないは、人それぞれだ。

僕自身も、着てる服が、絶対に似合ってるなんて思ってない。
でも、彼らよりは遥かに試行錯誤してる。
流行ってる服着てるだけの彼らとは違うと断言できる。

落ち着く服装は、自信も関係しているかもしれない。
彼らはトレンドから、僕は試行錯誤の結果から。

今落ち着く服装は?

では、今の僕の落ち着く服装とは。

今は、青!
少し前の記事を見ると、青の服が好きだと書いている。
青色が好きなんです。

ここ最近は、避けてた服。
「なんか子供っぽいな」と。
ダサく見えたんです。

でも、今着ると、これがしっくりくる!
落ち着く服装になるんですね。

何が起きたかと言えば、最近見た目のおっさん化が著しくて(笑)
おっさんの階段上ってます。
そろそろたどり着くと思います。

「服装が迷宮入りしてる」なんて記事も書いたが、このため。
自分が大きく変化(老化)してるから。
変化すれば、当然、似合う服は変わるのだから。
落ち着く服装も変わります。

最後に

ブランドの高い服着てると落ち着くって人もいるでしょうね。
学生の頃の僕はそうだった。
靴下でさえ、千円から二千円。

今は、ユニクロで売ってる数百円ので十分。
こだわりがなくなったと言ってしまえば、それまでですが。
こだわるところが変わったんです。

今の僕はユニクロでも落ち着くってことです。
でも、UTのサイズ感は嫌い。
UTは落ち着かない。

スポンサードリンク