老けて見えてしまうニットのたった一つの特徴

トップス

秋冬はもちろんのこと、春にもニットを着る人は多いと思います。
そんな着る時期も多いニット。
ものによっては、かなり老けて見えるアイテム!

そんな、ニットの特徴について。

老け見えニットのダサい服装


これは、過去の自分の服装。

色が気に入って、衝動買いしたニット。
これが、老けて見えてしまう、全ての原因。
服装が、どうこうっていう問題ではなかった。

こういうのって、案外、人に言われないと、気づかないものです。
気に入ってるものだと、特に。

僕も、「なんか、今日は老けて見えるね」なんて、言われてしまった(笑)
このニットの、何がいけなかったのか…?

裾のリブがギュッ!

老けて見えてしまう、ニットの特徴は、裾のリブにある!
裾のリブが、きつめに締まっているニットは、老けて見えます。

そのニットが、ドロップショルダーであったり、ビッグシルエット、袖が長めだったりすると、話は別ですが。
ベーシックなデザインのニットで、リブがギュッときつめなものは、かなり老けて見えます。

トレンドが原因?

最近のトレンドと言えば、先述のとおり、ビッグシルエット
他には、裾にスリットが入っている服が、多いですね。

これらは、服のシルエットが、縦にストンと落ちるようになるデザイン。
裾にリブがあると、このシルエットにはなりませんね。

裾のリブが、きつめのニットが老けて見えるのは、最近のトレンドが関係していると、考えます。

ジャストサイズで着ない

そんなこと言ったって、ほとんどのニットは、裾のリブがぎゅっと締まってますね。

リブがしまっている、ベーシックなニットは、ジャストサイズで着ないことを薦めます。
ジャストサイズで着ると、その”ギュッ”具合が、より一層、際立ちます。

大きいサイズを選ぶことにより、リブのギュッ具合が、軽減されます。

最後に

僕は、ビッグシルエットだとかは、好まないため、リブが緩い服を買います。
ニットだけでなく、プルオーバーパーカーなんかも。
ニットは、リブがなく、ストンと落ちるシルエット。パーカーは、リブが緩めなものを持ってます。

リブにこだわり過ぎたあまり、裾のリブがない、MA-1やスタジャンを見つけ出し、持ってました。
これらは、デザイン的に、微妙だったため、売却。
何でもかんでも、裾のリブがなければいいというわけではなかった(笑)

意識して探すと、結構見つかるものです。

スポンサードリンク