オジサンくさいポロシャツの特徴。袖が短くて二の腕ぴったり!

特集

ポロシャツはおじさんが着るイメージを持つ人は多い。
しかし、これはサイズによって変わると考えます。
最近は、若い人でも着る人は多いのです。

オジサンくさいポロシャツの特徴。

オジサンくさいポロシャツとは

ポロシャツはおじさんが着る服。
僕もそんなイメージを、強く持ってた時期があった。
色によっては、ゴルフウェアのイメージも強い。

でも、最近は若い人でも着てるのを見かける。
その姿は、おじさんくさくなんかない。
もちろん、着る人によって変わるのだが、ポロシャツ自体にも違いがある。

タイトルにあるとおり、袖丈が短くて、腕周りに余裕のないサイズのポロシャツ!
二の腕がぴったりな感じ。
これが、オジサンくさいポロシャツだ。

オジサンくさくないポロシャツとは

では、オジサンくさくないポロシャツはあるのだろうか。
さっき書いたように、最近は大学生くらいの若者でもポロシャツを着ている。
トレンドのお洒落をする大学生でポロシャツを着る人は、大きなサイズのポロシャツを着てるはずだ。

ビッグシルエットのポロシャツ。
ビッグシルエットでなくても、袖は少しだけ長めで、腕周りにも余裕があるもの。

他の記事を読んでもらえばわかりますが、僕はビッグシルエットが好きではなくて。
特にシャツのビッグシルエットは苦手。
僕が着るのなら、サイズの合ってるもの。
袖が短くなく、腕がぴったりしてなければいい。

僕が経験したオジサンくさい

僕自身、先ほどオジサンくさいポロシャツとして挙げた、袖が短く、腕周りに余裕のないポロシャツを着てたことがあった。
自分では、気に入って着ていた。

しかし、人に「腕がぴったりだと、おじさんっぽいよ」と言われた。
「確かにそうだな」と思った。

その頃は少し太ってて。
痩せて、腕周りに余裕ができると、同じ人に、こんなことは言われなかった。

ポロシャツの袖には、気を付けるべきである。

最後に

学生の頃は、見向きもしなかったポロシャツ。
おじさんが着る服のイメージが強かった。

今では、好きな服の一つである。
普通にお洒落で、大人っぽい夏の服だと思うようになった。
僕がおじさんになって、趣味が変わっただけなのかな(笑)

ポロシャツは、ビッグシルエットのようなサイズは避けるべきだと思います。
前回のオープンカラーシャツ同様、肩が落ちてるようなシャツに魅力を感じない。
ポロシャツなら、なお更のこと。
カジュアルではなく、大人っぽくシックに着こなしたい服です。

スポンサードリンク