赤のダウンジャケットってダサい?

○○ってダサい? ,

数あるアウターの中でも、ダサいと思う人が多いであろう、ダウンジャケット
今日のそのダウンジャケットの中でも、“赤い”ダウンに注目した。

赤いダウンジャケットな服装


特徴のない、普通な服装。

これに対して、ダサいもクソもないのだが、赤いダウンジャケットには、こんな印象を持つ人がいる。

観光客っぽい?

周りの人の意見を訊くと、「中国の観光客っぽい」という、意見が多かった。
赤いダウンジャケットを着てる人は、確かに、ドラックストアなんかで、いわゆる、爆買いをする観光客に、多いかもしれない。

僕、個人的な印象としては、大学時代のオタクの友達が着ていた(笑)

こればっかりはダサい…?

本題の、”赤”はダサいのかって話。

「ダサい!」とは言い切れないけど、こればっかりは、着こなしている人を、僕は見たことがない。
僕自身も、着こなせる自信がない。

ダサいというよりは、先述の、中国の観光客っぽいっていうのが、答えなのかもしれない。
印象としては、これが一番、しっくりくる。

高身長・細見の人しか着こなせない

よく、「身長低いから、チェスターコート着れない…」なんて言う人がいるけど、僕はそうは思わない。

チェスターコートなんて、きれいめな小奇麗な服装に羽織っておけば、誰だって、今っぽいおしゃれさんに早変わり。
これは、良くも悪くもとれる。

しかし、ダウンジャケットでは、こうはいかないだろう。

だからこそ、ダウンジャケットを着こなしている人のほうが、断然、おしゃれだし、何より、かっこいい。
このダウンジャケットこそ、高身長かつ細身の人にしか、着こなせないアウターだと、僕は考える。

赤いダウンジャケットだって、着こなせば、かっこいはずだ。

最後に

「ダウンジャケットはダサい!」なんて言うのは、大きな間違い。それが、赤いダウンジャケットでも。
ダサいと思う人は、チェスターコートでも着てればいい。

わざわざ、赤色を選ぶ必要はないようにも思うけどね。
着こなしが難しいし…。

スポンサードリンク