赤いパンツってダサい?

○○ってダサい?

パンツはパンツでも、ズボンのほうのパンツ。
色合いは、深みのあるワイン色ではなく、明るい赤!

こんな赤いパンツはかなり目立つし、ダサい…?

今日は、赤いパンツについて、考えてみた!

赤いパンツコーデ


赤が赤でも、こんなにも明るい赤。

主張が強く、赤いパンツは目立つから、上半身は、いたって普通な感じに。
思い切って、トップスも派手にしちゃうのもアリかもね(笑)

これってダサい?

ダサいっていうより、派手で目立つよね(笑)
無難な服装や、トレンドばかり気にした服装をしてる人からすれば、ダサいだろう。

しかし!ファッションにおいて、個性はかなり重要!
「皆同じような、黒スキニーやデニム穿いてて、つまらんから、赤穿いてやるぜ!」みたいな人なら、全然OK!

ダサく見られそうなのは、赤が好きだからっていうだけで、赤いパンツを穿く人。
こんな感じで、着こなし方の一つも知らないであろう人は、避けるべき。

ワインレッドはオタクっぽい

まぁ、ワインレッドにするっていう手もあるけど、穿きこなせないと、オタクっぽく見える色だと思うんだよね。
そういう人を、何人か見かけたことがある。

赤いパンツを穿きたいなら、思い切って、イラストのような、明るい赤に挑戦したほうがいいかも!

最後に

赤を穿きたいなら、ズボンではなく、パンツにしよう(笑)
“幸福を呼ぶ赤いパンツ”みたいなやつ。

ズボンのほうは、ダサいって思う人もいるだろうね。
僕の場合は、穿く人によっては、ワインレッドでさえ、ダサく見えるのだから。

スポンサードリンク