ライダースとパーカーの服装はオタクっぽいと言われていた

ダサい服装 ,

おしゃれ大学生の、アウターとして欠かせない、ライダース。
しかし、僕が学生の頃は、ライダースとパーカーの服装は、オタクっぽいと言われていた。

そんな昔話を含めた話。

ライダースとパーカーの服装


無骨さを感じさせないよう、極シンプルにデザインされた、シングルライダースを、きれいめに着こなす。
これが、今のトレンドのようだ。

インナーには、プルオーバーパーカーを着て、黒スキニーを穿く。
こんな服装してる学生は、よく見るし、普通にお洒落に見える。

しかし、僕が、学生の頃は、ライダースとパーカーの服装は、オタクっぽいと言われていた。
どちらかというと、ダサい部類であった。

オタクっぽいと言われたライダースの服装


当時は、黒スキニーを穿いてる人はもちろんいなく、パーカーも、プルパーカーより、ジップパーカーを着てる人のほうが多かった。

いかにも合皮な、ライダースもどきに、グレーのジップパーカーを着る。
ライダースのデザインも、最近のものと違い、無駄なデザインが多い。
思い返してみても、オタク風な人で、こんな服装をしている人が多かった。

ちなみに、僕もこんな服装してましたね(笑)
リーバイスの、合皮のライダースっぽいジャケットに、エヌハリウッドのハッピーパーカー、リーバイスの501。
こんな感じ。

こだわりはあったけど、お洒落ではなく、ダサかった。
後に、合皮はダサいと思い始めたのか、インポートブランドの羊革のライダースに買い替えます(笑)
どちらにせよ、”お洒落”とは、ほど遠い服装だった。

最近の大学生はお洒落だけど…

イラストを見比べても、最近の大学生が、本当にお洒落なことがわかる。

だけど、同じような服装してる人が多すぎない…?
僕が、学生の頃は、お洒落な人も、もう少し、個性を持っていた記憶が。

その分、自分のキャラや雰囲気に合う、服装をしている人は、輝いているように思う。
僕の周りだけでなく、ネット上の、コーディネートサイトなんかでも。

最後に

ライダースを着るときに、黒スキニーを穿いたほうが、今っぽくおしゃれに見えることなんて、わかりきったこと。

それでも、テーパードのジーンズを穿いて、履き古したスニーカーを履きたくなるのは、こだわりを持っているから。

スポンサードリンク